李在明城南市長「不幸にも日本の代わりに韓半島が南北に分割された」

李在明城南市長「不幸にも日本の代わりに韓半島が南北に分割された」

2018年03月02日10時20分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
李在明城南市長
  ソウル市長候補に出た李在明(イ・ジェミョン)城南(ソンナム)市長が日本の過去史に対する反省を促した。

  李市長は1日、城南市役所で開かれた「第99周年3・1節(独立運動記念日)記念式」で「過去史に対する真心の込めた謝罪と責任ある措置を履行する際、韓日関係は共同繁栄に向けた信頼の土台を設けることになるという事実に日本ははっきりと気付くべきだ」と指摘した。特に「日本は強制占領期の間、韓国民族の固有の文化を抹殺し、経済侵奪で苛酷な試練を与え、数多くの愛国の志士を圧殺する蛮行を犯した」とし「それにもかかわらず、日本は依然として誤りを反省していない。むしろ独島(ドクト、日本名・竹島)の領有権を主張する妄言を繰り返し、慰安婦被害者に一言の謝罪もしていない」と叱責した。

  また「侵略国家がその代価で分割占領されるのが歴史の法則だったが、不幸にも日本は分割されなかったし、代わりに韓半島(朝鮮半島)が南北に分割占領された」として「それが戦争の原因になり、再びこの分断が南北民衆に途方もない苦痛を与えて韓半島の発展を妨げる状況になっている」と指摘した。

  一方、2日、韓国国会と城南市などによると、李市長が城南市長の辞任通知書を提出したと韓国メディアのマネートゥデイが報じた。李市長は城南市長職をやめ、本格的にソウル市長選に挑む予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事