【時論】韓国政界は景気悪化の深刻さを知っているのか(1)

【時論】韓国政界は景気悪化の深刻さを知っているのか(1)

2014年09月17日11時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)経済副首相が先月末、「韓国はデフレ初期段階に来ている」と話したことを受け、これをめぐり甲論乙駁が続いている。まだ日本のように消費者物価指数はマイナスまで下がっていないがなぜデフレかとの反論が出ているのだ。どちらの話が正しいかは今後を見なければわからないが、デフレ初期段階という話が出るほど体感景気が悪いことは否定できない。

  ソウル・麻浦(マポ)で食堂を運営する54歳のイ・オンテさんの場合を見よう。彼は25日から周辺の食堂より30%ほど安いメニューを主力商品として出そうとしている。豚バラ肉は180グラムで1万ウォン、スケトウダラが1匹まるごと入ったスープのトンテタンは6000ウォンだ。大きく落ち込んだ売り上げを回復するための背水の陣だ。

  セウォル号沈没事故前に彼の店はいつもにぎわっていた。しかしセウォル号沈没事故直後から開店休業状態の日が続いている。彼はこのまま行けば店をたたむことになりそうなことから薄利多売で最後のあがきをしてみると話す。「価格を下げたのでお客がもっと多く来ると期待している。普段食事メニューと肉の注文比率は8対2だったが6対4に変われば売り上げが上がり営業が正常化できる」。

  事実彼には賭けでもある。客が財布を開かない状況で価格を下げたが、うまくいかなければ結局店をたたむことになりかねないからだ。

  そこで必勝の思いを確かめている。「私と従業員17人は頭に太極旗模様の鉢巻きを巻こうと思います。来るお客に気を吹き込もうというものです。鉢巻きには『誇らしい大韓民国、頑張ろう!』と書くでしょう」。

  この食堂店主の切なる感性マーケティングからうかがえるように、街の体感景気悪化は深刻だ。崔ギョン煥経済チームが基金を動員して41兆ウォンを放出し、韓国銀行が基準金利を2.25%に下げ景気浮揚に出た理由だ。これに対し一部では韓国もアベノミクスを始めたものと評価する。財政と金融を総動員したという意味でだ。

  ここで気がかりなのは、こうした努力の終着駅だ。果たして今後良い方向に変わるのだろうか。2012年から3年連続2~3%台の低成長のトンネルから抜け出せるかだれもが知りたいだろう。残念ながら現在の状況では楽観的な期待は難しそうだ。消費を回復してこそ企業投資拡大と経済成長を見据えられるが、これまで出された対策では力不足にならざるをえないからだ。初めはうまく行くようだったが最近になり思わしくない結果を見せているアベノミクスを見れば知ることができる。麻浦の食堂店主の場合、資金がないのではない。彼は長く中国で事業を展開し、稼げるようになったので韓国でも小さな事業をしようとしたがうまくできなくなっているということだ。消費マインドが失われたのが根本的な問題だからだ。

【時論】韓国政界は景気悪化の深刻さを知っているのか(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事