天安艦事件後、初めて6カ国協議参加国集まる

天安艦事件後、初めて6カ国協議参加国集まる

2010年07月14日09時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  天安艦沈没事件後初めて6カ国協議の参加国が一堂に会する。23日、ベトナムのハノイで行われるアセアン地域安保フォーラム(ARF)だ。北朝鮮では朴宜春(パク・ウィチュン)外相が参加するものとみられると外交部関係者が13日伝えた。この関係者は「朴宜春外相がミャンマーを含めた東南アジア3カ国巡回を推進中」とし「巡回を終えた後、ARFに出席するものと聞いている」と述べた。柳明桓(ユ・ミョンファン)外交部長官とヒラリー・クリントン米国務長官は21日、ソウルで韓米外交・国防相(2+2)会議をした後、ARFに出席する。楊潔チ中国外交部長、岡田克也日本外相とセルゲイ・ラブロフ・ロシア外相もARFに出席する。

  朴宜春外務相はARFで北朝鮮が天安艦事件と無関係だと主張し、核実験による対北制裁措置を非難するものと観測される。これによって柳長官と朴外相の間に舌戦が起こることもあり得る。朴外務相とヒラリー長官の間の即席会同が行われるかについても関心が集まる。

  政府は今回のARFで安保理議長声明と似た水準の対北糾弾声明を導き出すことが目標だが、大きく期待はかけていないと複数の政府関係者たちが言った。ある当局者は「ARFには中国・ロシアのほかに南北韓国と修交した東南アジア諸国が出席する」とし、北朝鮮を一方的に糾弾する声明が導き出される可能性は高くないものと見通した。

  ◆米「北と対話のための対話はしない」=フィリップ・クローリー米国国務省公報担当次官補は12日(現地時間)「対話のための対話はしない」とし「北朝鮮が6カ国協議再開を真剣に考えたらまず、北朝鮮の義務事項を履行する具体的行動を見せなければならない」と述べた。また定例ブリーフィングで北朝鮮が6カ国協議を通じた平和協定、非核化の努力を明らかにしたことについてこのように強調した。

  

【ホットクリック】

・中国スタンダードの国家格付け「米国13位、韓国14位、日本15位」
・日本が見た世界最高IT強国は「韓国」
・<W杯>韓国、最終順位15位…日本は9位
・日本、予言タコ「パウル」を連れてくる?
・ソウル大教授、海外ジャーナル掲載の論文を捏造
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事