「平壌市内、ビアホールがブーム」

「平壌市内、ビアホールがブーム」

2002年06月28日21時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の労働(ロドン)新聞は、最近、平壌(ピョンヤン)市内に登場した数百カ所のビアホールが大人気だと伝えた。

  28日に入手した労働新聞(6月23日付け)によると、「平壌市内を中心に数百カ所のビアホールがオープン、人気を呼んでいる」としている。

  同紙は、労働者が泡だった500ミリリットルのビールジョッキを手にしている写真を載せ、「大同江(テドンガン)ビール」の看板とビール樽、ビール運搬車が首都(平壌)の姿を多彩に飾っている」と掲載した。

  同紙は「労働者は、酒精とガス含有量、酸度が適当で、体に害を及ぼす物質のない大同江ビールを飲み、一日の疲れを取っている」とし、最近、生ビールは平壌市内に完工した大同江ビール工場が直接供給していると伝えている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事