仁川で開催の剣道世界選手権2018…「韓国剣道のカラー見せる」

仁川で開催の剣道世界選手権2018…「韓国剣道のカラー見せる」

2018年09月14日11時23分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国仁川(インチョン)で開催される「剣道世界選手権2018」を控え、韓国男子剣道代表チームの監督が覚悟を語った。パク・ギョンオク監督は剣道強国の日本に対して韓国剣道スタイルで臨むと明らかにした。

  パク監督は開幕前日の13日、スポーツソウルのインタビューで「選手の資源が豊富な日本の剣道は足が速い若い選手への世代交代に成功した」とし「相手を意識して焦るよりも、ただ韓国剣道のカラーを見せたいという一念」と強調した。

  韓国男子代表は2015年に東京武道館で開催された剣道世界選手権の団体戦決勝で日本と対戦し、惜しくも準優勝となった。過去16回の大会で韓国男子チームは12年前の2006年台湾大会で優勝しただけで、そのほかの大会はすべて日本が優勝している。

  韓国男子団体の優勝当時に活躍したイ・ガンホ選手は今大会で主将を務める。イ選手はスポーツソウルのインタビューで「東京大会を最後と考えていたが、ここまで来ることになった。負担を抱かず楽しく挑戦したい」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事