文大統領、「韓日政治指導者、敵対感情を刺激しないように慎重で節制された表現必要」

文大統領、「韓日政治指導者、敵対感情を刺激しないように慎重で節制された表現必要」

2018年12月14日15時47分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅大統領が14日午前、青瓦台仁王室で韓日議員連盟合同総会のために訪韓した額賀福志郎韓日議員連盟会長(前列から7番目)をはじめとする代表団と面会を終えた後、クリスマスツリーの前で記念撮影をしている。
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、韓日議員連盟代表団に会った席で韓国司法府の日帝強占期における強制徴用賠償判決に対して「この問題について両国民の敵対感情を刺激しないように慎重で節制された表現が必要だと考える」と述べた。

  文大統領はこの日午前、青瓦台(チョンワデ、大統領府)本館で代表団と面会して「両国間の友好情緒を害するのは韓日未来関係の発展に役に立たない」と明らかにした。大法院(最高裁)の強制徴用賠償判決に抗議して安倍晋三首相と河野太郎外相など日本政府の高官が強硬な発言を口にしていることに対する反応だ。

  また、文大統領は「韓半島(朝鮮半島)の非核化と平和プロセスに対して日本と緊密に協力していかなければならないという考えには変わりがない」として「安倍首相と会談、電話会談、特使派遣などを通して協議し、今後もそうするだろう。日本も韓半島の平和に積極的な支持をお願いする」と話した。同時に、文大統領は「過去史を直視して問題を解決することと両国間未来志向的な発展関係は別に進めなければならないという点は就任の時から今まで変わりがない」として「韓日間未来志向的関係が持続できるように努力してほしい」と呼びかけた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事