「ソウルG20首脳会議を狙って天安艦攻撃した可能性も…」

「ソウルG20首脳会議を狙って天安艦攻撃した可能性も…」

2010年09月17日14時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
カート・キャンベル米国務次官補
  



  カート・キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は16日(現地時間)、北朝鮮が天安(チョンアン)艦攻撃など挑発的な行動を見せたことについて、「11月にソウルで開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議が原因の一つかもしれない」と述べた。

  キャンベル次官補はこの日、米上院軍事委公聴会に出席し、「北朝鮮の過去の行跡を考えると、1988年ソウルオリンピック前の(金浦空港)爆発事態にも見るれるように、韓国が世界の中で成功の象徴として注目される重要な行事を開催しようとする時に、挑発的な行動を行っている」とし、このように述べた。 キャンベル次官補は「G20ソウル首脳会議は非常に大きな国際的行事であり、韓国の歴史上、最も大きな外交的成果だといえる」と付け加えた。 公聴会に出席したグレッグソン米国防次官補は、北朝鮮の天安艦挑発の理由に、09年11月の大青(デチョン)海戦の報復とキム・ジョンウンへの権力継承に伴う北朝鮮の内部問題に言及した。

  天安艦事件後、韓半島の安保状況に関して初めて開かれた公聴会で、キャンベル次官補は当初、「金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の三男キム・ジョンウンが権力を受け継ぐと考えられるのか」というマケイン上院議員(共和党)の質問に対し、「そう推定している」と答えた。 しかし他の議員からも質問が続くと、「北朝鮮は根本的に(開ける前には中身を把握しにくい)ブラックボックス。さまざまな経路で情報を得ているが、この情報が正しくない場合も多い」と述べ、確答を避けた。 キャンベル次官補は「世界で目標を定めて情報を分析するうえで最も難しい国が北朝鮮。米国内部だけでなく韓国・日本などと緊密に協調している」と話した。

  キャンベル次官補は、「北朝鮮の後継構図への支障による北朝鮮内の核物質安全確保対策はあるのか」という質問に対し、「北朝鮮が直面しうるあらゆる環境に対応しなければならないと考える」と述べた。

【ホットクリック】

・日本の所属事務所退出…東方神起3人の今後の活動は?
・キム・ジャンフン、10月独島フェスティバル開く
・「双竜車、高すぎて買収を放棄」…ルノー三星社長
・「北の結核撲滅、早く着手すれば韓国統一費用減少」
・2兆円投下…日本の市場奇襲介入の波紋
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事