【社説】世紀の談判まであと一日…「一度きりの機会」の前に立った金正恩委員長

【社説】世紀の談判まであと一日…「一度きりの機会」の前に立った金正恩委員長

2018年06月11日11時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が6・12米朝首脳会談を2日後に控えた10日、シンガポールに到着した。「世界で最も多忙」な米国大統領と国際社会に一度も姿を現したことがない北朝鮮の首脳が2日前に到着したのは、双方ともに今回の会談に向ける関心と努力がどれほど大きいかを象徴的に見せている。世界が注目する歴史的な会談であるうえ、会談が朝(12日午前9時)から開かれるという点を考慮し、事前の準備時間を十分に確保しようということだろう。両首脳の早い到着は、会談の核心議題をめぐり米朝間の協議が終盤まで難航している結果とも解釈できる。

  トランプ大統領は会談を控えて米朝首脳間の終戦宣言と国交正常化の可能性など各種ニンジンを提示しながらも、「会談がうまく進行しなければ会談場を出ていく」とムチに言及することも忘れなかった。シンガポールに向けて出発する直前にも「北朝鮮を偉大にする機会は二度と来ないだろう」とし「(金正恩委員長には)一度きりの機会(one-time shot)」と述べながら北朝鮮の非核化決断を促した。このように直前まで圧力が続いている点からみると、北朝鮮の非核化問題は12日に両首脳の直接談判を通じて結果が出る公算が大きい。

  米朝は「完全で検証可能かつ不可逆的な核廃棄」(CVID)という表現を共同声明に明記する問題をめぐり依然として駆け引きを続けている。マラソン式に続いた板門店(パンムンジョム)での米朝実務者協議でも接点を見いだせず、ソン・キム駐フィリピン米国大使と崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官がシンガポールに場所を移して協議を継続することにしたほどだ。「CVID」を明記するかどうかが米朝首脳会談の最大の焦点になったのだ。

  この部分で我々は両首脳が歴史的な決断を下すことを促す。金委員長は今回の会談が生存と繁栄のための一度の機会であることを銘記し、CVIDの本質に忠実な非核化の意志を明確にしなければいけない。トランプ大統領はその前提の上で北朝鮮体制の維持を誠意を持って約束すべきだろう。北朝鮮が「CVIDという言葉は体制に対する侮辱」という理由で拒否しているという点を勘案すると、概念には明確にCVIDを入れるものの、表現は米朝がお互い受け入れることができる形で折衝する案も検討できるはずだ。さらに北朝鮮がCVID原則に立脚して非核化措置を開始すれば、米国は相応の見返りを惜しんではならない。

  米朝首脳会談に対する否定的な展望もなくはないが、今までの過程を見ると、双方が少しずつ譲歩しながら接点を拡大してきた点を軽く考えるべきではない。米国は「一括妥結」を固守しながらも各論では北朝鮮の「段階的措置」を受け入れ、北朝鮮も米国が要求した核兵器海外搬出を部分的に受け入れた結果、歴史的な会談が実現することになった。会談まで残り一日だ。両首脳が相手の立場を考えて対話をすれば、歴史的な会談が結果を出せない理由はない。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事