<平昌五輪>「開会式の際に氷点下13.8度、最も寒い五輪になるだろう」(1)

<平昌五輪>「開会式の際に氷点下13.8度、最も寒い五輪になるだろう」(1)

2018年02月01日11時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「寒さのレベルが完全に違う」

  米国の時事週刊誌タイムが2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)に対して「歴代最も寒い五輪になるだろう」という展望を出した。タイム誌は「平昌五輪開会式が開かれる来月9日夕方、開催地の平昌地域の気温は氷点下13.8度前後になるものと見られる」として「強い風が吹けば体感温度はさらに落ちるかもしれない。歴代最も寒い五輪になる可能性が高い」と報じた。歴代冬季五輪の中で大会期間の平均気温が最も低かった大会は1994年リレハンメル(ノルウェー)大会で、氷点下11度だった。タイム誌は「平昌は韓国でも最も寒い地域のうち1カ所で、海抜700メートル高地である上に、満州とシベリアから吹いてくる激しい風で有名だ」として「平昌五輪の予想平均気温がリレハンメルより低いだろう」と見通した。

  平昌五輪開会式は日が沈んだ後である午後8時に始まって2時間の間行われる。米国現地のゴールデンタイムに開会式を放映しようとする主管放送社NBC(米)の要求を国際オリンピック委員会(IOC)が受け入れた結果だ。観覧客は午後4時30分から入場することになるが、午後10時まで開会式場に留まる場合、5時間30分間厳しい寒さに耐えなければならない。

  江原道(カンウォンド)平昌郡の大関嶺面横渓里(テグァルリョンミョン・フェンゲリ)に位置した平昌五輪の開会式・閉会式場である五輪プラザは屋根と総合暖房システムがない。建設期間を短縮して予算を削減するために設計当時、政府と平昌オリンピック組織委員会が下した決定だ。3万5000人を受け入れる大規模な行事場所の建設費を635億ウォン(約65億円)に抑えた代わりに、開会式・閉会式場の出演陣と観覧客は厳しい寒さと戦わなければならない負担を負うことになった。

  タイム誌は「昨年、五輪プラザで開かれたコンサートで6人が低体温症を訴えた」と紹介した後、「平昌の寒さは時には想像を絶する。平昌五輪の開会式・閉会式を訪れた外国人が実践できる唯一の防寒対策は我々のように服を何重も重ね着すること」という平昌地域の住民の話を伝えた。

<平昌五輪>「開会式の際に氷点下13.8度、最も寒い五輪になるだろう」(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事