TWICE・EXO、日本タワレコ「2017ベストセラーズ」K-POP2部門で1位

TWICE・EXO、日本タワレコ「2017ベストセラーズ」K-POP2部門で1位

2017年12月05日10時25分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
TWICE(上)とEXO
  韓国ガールズグループTWICE(トゥワイス)とボーイズグループのEXO(エクソ)が日本タワーレコードが発表した「2017ベストセラーズ」のK-POP部門2つそれぞれトップにランクインした。

  日本最大の音盤販売店「タワーレコード」は4日、「2017ベストセラーズ」部門別ランキングを公示した。タワーレコードのアルバム販売枚数を基準として各項目別に10位まで発表している。

  TWICEは現地で発売された「K-POP国内アルバムTOP10」部門で1位にランクインした。ことし夏のデビューアルバム『#TWICE』で頂点に立った。2PMジュノのソロアルバム『2017 S/S』が2位に入り、JYP事務所所属アーティストの善戦を見せた。テギョンが4位、ウヨンが5位と8位に入り、10位圏内に2PMメンバーの名前が並んだ。3位にはPENTAGON(ペンタゴン)の『Gorilla』がランクインした。6位にはVIXX(ヴィックス)、7位SHINee(シャイニー)、9位BOYFRIEND(ボーイフレンド)、10位テミンが入った。

  「K-POP輸入アルバムTOP10」にはEXOの4thアルバム『The War: EXO Vol.4』(韓国語・中国語合算)が1位を占めた。防弾少年団(BTS)は『Love Yourself 承 ‘Her’: 5th Mini Album』と『Wings外伝: You Never Walk Alone』が2位と3位に入った。SNUPER(スヌーパー)、ASTRO(アストロ)、Wanna One(ワナワン)、BOYFRIEND、UP10TION(アップテンション)、TWICEがトップ10を埋めた。

  現地で最高の人気を誇る歌手は引退を表明した安室奈美恵で、海外アーティストとしてはエド・シーランがランクインした。2人のポスターは4日から来年1月14日までタワーレコード全店に張り出される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事