「韓国戦争で米軍3万人死んだ事実を宋室長に思い起させる」

「韓国戦争で米軍3万人死んだ事実を宋室長に思い起させる」

2006年10月26日09時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「米国は韓国のために戦い、3万人を超える戦死者を出した国だという事実を思い出すべきだと思う」--。

  人類歴史上戦争をいちばん多くやった国が米国」という宋旻淳(ソン・ミンスン)大統領安保室長の発言に対してドナルド・ラムズフェルド米国防長官が言及した。

  ラムズフェルド長官は20日、米国ワシントンで尹光雄(ユン・グァンウン)国防部長官と韓米年次安保協議会議(SCM)を開いた。米国防部消息筋によると、この席で、ラムズフェルド長官は尹長官に「(宋室長が)米国は戦争をいちばん多くやった国だと言ったというが、彼が言った米国の戦争のうちには3万人が戦死して10万人が負傷した韓国戦争もあるという事実を誰か彼に想起させてやらなければならない」と言ったというのだ。この言葉を聞いた尹長官側は「居心地の悪い」雰囲気だったと付け加えた。

  ホワイトハウス事情をよく知る別の関係者は「ラムズフェルド長官とホワイトハウス国家安全保障会議の役人たちが宋室長の発言に大きく反発した」とし「米国は宋室長発言を通じて韓米同盟と北朝鮮を見る見方に韓国と深刻な距離があることを懸念している」と言った。

  彼はこれまで韓国政府や青瓦台の方から出たどんな発言よりも米国を「戦争するのが好きな国」と描写したことに対しては堪えがたいと強調した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事