韓経:韓国市場に帰ってきた日立、「高速エレベーター技術で勝負」

韓経:韓国市場に帰ってきた日立、「高速エレベーター技術で勝負」

2017年12月05日10時04分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界5位のエレベーターメーカーである日本の日立が韓国法人を設立し本格的な営業に入った。1999年に韓国のエレベーター市場から撤退してから18年ぶりに再進出した。韓国で5~10%水準の市場シェアを達成すれば生産工場設立も検討することにした。

  日立製作所ビルシステムビジネスユニットの佐藤寛最高経営責任者(CEO)は4日にソウル市内のホテルで日立エレベーターコリア設立記者懇談会を開き、「韓国は中国、インドに次いで世界で3番目に大きいエレベーター市場。世界最高速のエレベーターを作った技術力で韓国市場を攻略していくだろう」と話した。韓国の年間新規エレベーター設置台数は4万台で日本の2倍水準だ。日立は韓国の首都圏を中心に再開発・再建築が活発で、ホテル、オフィス、高層マンションのエレベーター需要も堅固なものと判断し韓国再進出を決めた。同社は1999年に技術提携を結んだLG産電エレベーター事業部門がオーチスに売却され韓国から撤退した。

  日立は6月に中国・広州で世界最高速度の分速1260メートルのエレベーターを設置するなど高い技術力を認められている。佐藤CEOは「現代自動車グループのグローバルビジネスセンター(GBC)など超高層ビルのエレベーター入札に参加するだろう。マンション市場も重点攻略するだろう」と話した。日立は長期的に韓国で5~10%水準のシェアを達成し、現代(43%)、ティッセンクルップ(25%)、オーチス(11%)に続き4位圏に上がるという計画も明らかにした。長島真エレベーター事業部本部長は「来年韓国で500台の受注が目標で、年間1000台以上受注すれば製造工場設立も検討する」と話した。

  日立は1910年に設立され、現在はエネルギー、家電製品、水処理、鉄道、ヘルスケア事業で年間売り上げ9兆1622億円を出す日本の伝統的大企業だ。エレベーター事業はビルシステムビジネスユニットで担当し昨年は5858億円の売り上げを記録した。韓国法人は片山常明日立エレベーターコリア会長とオーチスとティッセンクルップエレベーターでキャリアを積んだ宋承奉(ソン・スンボン)代表が経営を担当する。宋代表は「『技術の日立』という言葉があるように優秀な技術と品質で韓国市場で早期に安着したい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事