韓国検察、「帝国の慰安婦・売春」朴裕河教授の無罪に控訴

韓国検察、「帝国の慰安婦・売春」朴裕河教授の無罪に控訴

2017年01月27日13時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴裕河・世宗大学教授
  自身の著書『帝国の慰安婦』で日本軍慰安婦被害を「売春」、「日本軍と同志的関係」と記述して名誉毀損の容疑で起訴され、無罪を宣告された朴裕河(パク・ユハ)世宗(セジョン)大学教授が再び法廷に立つ。

  27日、裁判所はソウル東部地検が今月26日に朴教授の控訴状を提出したと明らかにした。

  検察は2015年11月、朴教授の著書において「帝国の慰安婦」、「売春」など合計35カ所の表現が日本軍慰安婦被害者の名誉を傷つけたと見なし、朴教授を名誉毀損の容疑で不拘束起訴した。検察は結審公判で朴教授に懲役3年を求刑した。

  しかし、25日にソウル東部地方裁判所刑事11部(部長判事イ・サンユン)が「検事が起訴したこの事件の本の35カ所の表現の中で30カ所の表現は被告人が主観的な意見を表明したに過ぎず、具体的な事実の摘示と見なし難いため名誉毀損罪が成立しない」と判示した。

  続けて「5カ所は事実の摘示に該当するが、集団表示法理により告訴人に対する名誉を傷つけたものと特定し難い」とし、朴教授に無罪を宣告した。

  2審裁判はソウル高裁で行われ、具体的な日程はまだ決まっていない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事