日本の防衛白書に韓国国防部が抗議…「歴史を直視せよ」

日本の防衛白書に韓国国防部が抗議…「歴史を直視せよ」

2017年08月08日14時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
独島(写真=中央フォト)
  日本が8日、独島(ドクト、日本名・竹島)を日本固有の領土として記述した「2017年版防衛白書」を発刊したことに対して、韓国国防部が駐韓日本国防武官の対馬強介空軍大佐を国防部に呼んで強く抗議した。

  国防部はこの日、資料を通じて「日本防衛省が『2017年版防衛白書』で、明白な韓国固有の領土である独島を日本の領土と記述し、各種要図に日本の領域として表示するなど、不当な領有権主張を繰り返していることに対して強く抗議し、即刻是正措置はもちろん、今後このような行為はしないように厳重に求める」と明らかにした。

  また、国防部は韓国政府の強力な抗議と是正措置要求を無視している日本政府に深い遺憾を表明し、「独島は歴史的・地理的・国際法的にも明らかに大韓民国固有の領土」とし「日本政府は独島に対するつまらない主張を直ちに中断し、歴史を直視して、韓日間の未来志向的な成熟した協力パートナー関係発展のために努力していかなければならない」と指摘した。

  日本は先月18日、政府と与党自民党の国防部会で防衛白書草案を通過させた。日本は昨年に続き、13年連続で独島が日本の領土であるという主張が入った防衛白書を発刊した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事