<五輪射撃>ベトナム史上初の金メダル…韓国人監督の活躍

<五輪射撃>ベトナム史上初の金メダル…韓国人監督の活躍

2016年08月08日09時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
7日、10メートルのエアピストル決勝が行われたリオデジャネイロオリンピック(五輪)射撃センター。202.5点という五輪新記録をマークし、秦鍾午(チン・ジョンオ)を退けて金メダルを獲得したベトナムの射撃選手ホアン・シャンビン(42)の口からは韓国語が出てきた。ホアン・シャンビンは金メダルを首にかけた後、パク・チュンゴン監督(50、左)に向かって「サンキュー、監督様」と語った。黄色のベトナムのユニホームを着たパク監督の顔には笑みが浮かんだ。
  7日、10メートルのエアピストル決勝が行われたリオデジャネイロオリンピック(五輪)射撃センター。202.5点という五輪新記録をマークし、秦鍾午(チン・ジョンオ)を退けて金メダルを獲得したベトナムの射撃選手ホアン・シャンビン(42)の口からは韓国語が出てきた。ホアン・シャンビンは金メダルを首にかけた後、パク・チュンゴン監督(50、左)に向かって「サンキュー、監督様」と語った。黄色のベトナムのユニホームを着たパク監督の顔には笑みが浮かんだ。

  リオ五輪にはパク監督を含めて多くの韓国人監督が世界各国の代表を引き受けて活躍している。「指導者韓流」という言葉も出ている。

  現役陸軍大佐のシャンビンは普段からも朴監督を「カムドンニム(監督様)」と呼ぶ。最も好きな食べ物もサムギョプサルだ。競技の2日前にも辛い唐辛子とニンニク、サムジャン(味噌)とともにサムギョプサルで食事を取った。金メダルが決まった後、パク監督が「トゥモロー サムギョプサル OK?」とサムギョプサルパーティーを提案すると、シャンビンも笑顔で応えた。

  この日、シャンビンが獲得したメダルの意味は大きい。五輪新記録と同時に祖国ベトナムに史上初の金メダルをもたらしたからだ。シャンビンはベトナム政府から現金10万ドル(約1億1000万ウォン)を報奨金として受ける予定だ。年平均所得が2100ドル水準のベトナムの平凡な会社員が50年間働いてこそこそ触れることができる金額だ。

  パク監督は「シャンビンが帰国すればカーパレードが開かれたり、教科書に載る可能性もある。体育長官も待っている」と伝えた。パク監督は2014年9月からベトナム政府の招請で代表監督を引き受けた。ベトナムには電子標的など施設が不足する。パク監督はシャンビンら選手を仁川(インチョン)に連れてきて猛練習させた。

  射撃だけでなくアーチェリー・柔道などでも韓国の強敵は韓国人指導者がいる外国チームだ。7日にアーチェリー男子団体戦決勝で韓国と対戦した米国の指令塔イ・ギシク監督(59)が代表的な例だ。イ監督の米国はすでにロンドン五輪で韓国を破って金メダルを獲得している。イ監督は韓国アーチェリーの伝説のキム・スニョンを育てた名監督だ。

  女子アーチェリーではク・ジャチョン監督が台湾チーム監督として韓国に挑戦した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事