中国が韓国を追撃する? 韓国企業は中国の眼中にない(2)

中国が韓国を追撃する? 韓国企業は中国の眼中にない(2)

2014年09月17日10時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
上の小さい写真は創業カフェが集まっている通り。下は“中国版アップル”小米の本社。
  中関村の本社で接した百度はすでにグーグルのトップ画面をそのままコピーした“偽グーグル”ではなかった。2000年に中関村のみすぼらしいホテルの部屋でインターネット検索技術提供業者としてスタートしたが、それから10年ほどで昨年の売り上げは5兆4086億ウォン、営業利益1兆8952ウォンの巨大IT企業に急成長した。中国ポータル市場でのシェアは70%と絶対的だ。いまでは地図、動画、クラウド、通訳・翻訳、人工知能基盤の音声認識など、グーグルが行うウェブサービスはほとんど持っている。モバイルアプリサービスも中国内で絶対強者だ。百度のアプリストアは中国のスマートフォン利用者の必須アプリマーケットだ。ナビゲーションをはじめ1億人以上の利用者を持つアプリだけで14種類に達する。最近ではグーグルグラスと類似したスマートグラスと無人自動車まで開発している。グーグルの偽物を超えグーグルと競争を行っているのだ。

  清華大学と北京大学を過ぎ南に下りてくるとアスファルトの地面に「innoway」と書かれた名前の通りが現れた。「創業カフェ通り」などと翻訳されるこの通りには2011年4月に「車庫」という名前の創業者向けのカフェがオープンしてから通りのあちこちに類似のカフェが次から次へ開業した。創業者がカフェを業務スペースとして使い、投資家と会って情報も交換する構造だ。

  創業カフェ通りの路地の中でビルの2階にある車庫カフェに入った。800平方メートル規模の広い空間はテーブルごとにノートパソコンやデスクトップパソコンをつけて仕事に没頭する青年たちの熱気であふれていた。テーブルごとに天井からぶら下がっている電源ケーブルが異色だった。ドアの前には「1ギガ級インターネットサービスを提供」と書かれていた。毎週金曜日の夕方には投資家らとともに「アイデアコンテスト」も開き、製品化されたものを試演するロードショップイベントも月1回開かれる。総括マネジャーの孫宇氏は、「ここのお客はみんな創業に乗り出した人たちだ。過去3年間に投資家と出会ってカフェを出て行ったチームが130社、年間売り上げ1億元以上の企業も4社に達する」と誇らしげだ。

  中関村には投資もあふれる。年間6兆ウォンを超える投資資金が中国内外から押し寄せる。“韓国のテクノバレー”という京畿道城南(キョンギド・ソンナム)の板橋(パンギョ)テクノバレーのベンチャー企業が投資資金を求めソウル・汝矣島(ヨイド)まで訪ねて行かなければならない現実とは対照的だ。

  中関村で成功した企業は再び中関村の後輩ベンチャーに投資する。レノボグループ系列のベンチャーキャピタルのレジェンドキャピタルが代表的な事例だ。この会社は現在30億ドル規模のファンドを運用し200社以上の企業に投資している。総投資額の15%は中関村のベンチャー向けだ。レジェンドキャピタルで会った韓国人パートナーのパク・ジュンソン常務は、「中国では人材と技術さえ良ければ投資はいくらでも受けられる。投資よりも融資中心、創業者に無限責任を問い信用不良者を作る創業者連帯保証のようなものは中国にはない」と話した。

  中関村で会った中国人の眼中に韓国企業はなかった。清華Xラボの毛東輝執行主任は、「中国人は韓流が好きだが、中国企業が韓国を追撃していると考えたことはない。中国企業の競争者はグーグルのような米国企業だけだ」と話した。“中国の追撃”は韓国人だけの話であるわけだ。

中国が韓国を追撃する? 韓国企業は中国の眼中にない(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事