中国が韓国を追撃する? 韓国企業は中国の眼中にない(1)

中国が韓国を追撃する? 韓国企業は中国の眼中にない(1)

2014年09月17日10時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中関村の代表的創業インキュベーター「創新工場」は、業務スペースだけでなく法務、財務、広報などのサービスも提供し、成功の可能性が大きいベンチャーには投資もする。
  入居企業2万社余り。年間総売り上げ4200億ドル、海外からUターンした創業者だけで2万人余り、創業初期企業3000社、ベンチャー投資規模6兆3000余億ウォン(約6500余億円)…。

  「中国のシリコンバレー」と呼ばれる北京のITクラスター「中関村」の現在の姿だ。ゼロから創業して10年で中国最大の富豪に浮上した百度の李彦宏会長のようなサクセスストーリーが相次ぎ、中国のベンチャー投資金の3分の1が集まり「創業→投資→上場・大企業へ跳躍→再投資」へとつながる創業生態系が好循環を構成している。

  中国はいまや世界最高の人材と企業、資金をブラックホールのように吸い込む中関村を前面に掲げ、米シリコンバレーの覇権まで狙っている。最近になって創造経済革新センターと板橋(パンギョ)テクノバレーなど創業インフラ構築をあたふたと進める韓国は最初から関心対象から抜けているほど中関村の野望は恐ろしい。

  先月25日、北京北西部の海淀区に位置した中国の代表的ITクラスター中関村を訪れた。1980年代初めに電子商店街から始まった中関村は、その後関連IT企業が集まり年を追うごとに領域が拡張された。いまではソウルの江南区(カンナムグ)と松坡区(ソンパグ)の面積を合わせた規模となる75平方キロメートルの地域に巨大クラスターを形成している。北側のソフトウェアパークと世界1位のPCメーカーのレノボ、“中国版グーグル”の百度がある上地通りから始まり、南に下りてくると“中国版アップル”の小米、清華大学、清華サイエンスパーク、北京大学、創業通り、レジェンドキャピタル、中国最大の創業インキュベーターの創新工場などが並んで入居している。サムスン電子の脅威となっている小米だけでなく、レノボや百度もすべて中関村の片隅で創業し成功した企業だ。

  中関村にはグローバルIT企業をはじめとする外国企業も2000社を超える。中国政府のサービス遮断で撤退したグーグルも研究開発(R&D)センターはそのまま置いている。マイクロソフトとヒューレット・パッカード、世界1位の情報セキュリティ企業のシマンテックなど、フォーチュングローバル500のうち200社余りが中関村に進出している。

  大韓貿易投資振興公社(KOTRA)中国地域本部のホン・ジャンピョ副本部長は、「人口12億人市場の代表的ITクラスターである中関村に資金と人材が集まっており、グローバル企業も進出しないわけにはいかない」と話した。

  中関村は創業の熱気と人材供給、創業投資、成功ストーリーがすべて交わり好循環生態系ができていた。中関村管理委員会によると、米国のシリコンバレーなどから帰ってきた帰国創業者だけで2万人に達する。その上中関村地域内では北京大学、清華大学を筆頭に41の大学が豊富な人材を輩出している。中関村中心部に位置した清華サイエンスパークの地下にある「清華Xラボ」は清華大学の学生だけでなく、清華大学出身者であればだれでも無料で利用できる創業インキュベーターだ。清華大学の教授や投資専門家らが学生を対象に1対1で創業教育や相談までする。

  Xラボで会った創業初期企業の馬涛代表は創業浪人生だ。2006年に清華大学経営専門大学院(MBA)を卒業し会社を設立したが失敗し、再起のために母校のXラボを訪れた。彼は「創業すれば失敗もするものだ。エンジェルやベンチャーキャピタルの中には失敗経験がある創業企業を高く買う所が多い」と話した。百度の李彦宏会長と小米の雷軍会長は彼のロールモデルだ。

中国が韓国を追撃する? 韓国企業は中国の眼中にない(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事