元KARAのク・ハラさん、自殺企図説から彼氏暴行説まで…8日間物議

元KARAのク・ハラさん、自殺企図説から彼氏暴行説まで…8日間物議

2018年09月14日09時27分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
元KARAのク・ハラさん
  元KARAのク・ハラさん(27)が連続して物議をかもしている。今度は彼氏を暴行した疑いがもたれている。

  13日、江南(カンナム)警察署によると、ク・ハラさんはこの日12時にソウル江南区論硯洞(ノンヒョンドン)のマンションで同じ年の彼氏を暴行した疑惑で通報された。警察のある関係者は「ク・ハラさんの暴行疑惑に関して通報を受け付けたのは事実」としながら「当事者(ク・ハラさん)と出席日程を決めて取り調べる予定」と明らかにした。また「夜遅く受け付けられたもので、まだ取り調べの日程が決まっていない」と付け加えた。通報の内容によると、ク・ハラさんは別れを求めたヘアーデザイナーの彼氏に腹が立って暴行したが、警察側に双方の暴行だったと主張したことが分かった。

  ク・ハラさんを112(日本の110番に当たる)に通報したのが「暴行にあった」と主張する人が彼氏ということが分かり、ク・ハラさんの熱愛説まで浮上した。だが、ク・ハラさん側はこれといった立場を出していない。ク・ハラさんの所属事務所側は13日午前「ク・ハラさんが最近、スケジュールがなくて担当者と連絡がつながっていない」としながら「本人に確認して立場を整理する」と暴行疑いに対するコメントを控えた。その後「担当者(マネジャー)が海外業務で連絡がつかず、ク・ハラさんとも連絡がついていない」に話した。

  ク・ハラさんは5日にもオンライン上を炎上させた。最近、自殺を図ろうとして病院に搬送されたという“チラシ”(証券街情報)が出回り、ク・ハラさん側は「事実無根」と直ちに否定した。ク・ハラさんは睡眠障害で病院を訪れたことが確認された。ク・ハラさん側は「6日に退院した」として「睡眠障害があって病院で治療受けたもの」と釈明し、ク・ハラさんもインスタグラムに自撮り写真を掲載してファンたちを安心させた。

  8日間2度にわたって物議をかもし、過去論議までまた取り沙汰されている。昨年7月、ク・ハラさんはタバコと推定される写真を掲載し、大麻草議論に広がった。「これ酸味がする。おいしい」というコメントと共に掲載された写真が問題だった。一般のタバコでなく大麻と推定されるという主張が提起され、すぐにク・ハラさんは「手巻きたばこです。珍しくて写真を撮ったもの」と釈明した。大麻草喫煙疑惑を否定したが、自ら喫煙事実は認めた。

  2008年KARAでデビューしたク・ハラさんは2016年グループ解体後、女優に転向して以来、事実上これといった活動がなく論議の中心に立たされるばかりだった。『ソウルメイト』『マイ・マッド・ビューティーダイアリー』などバラエティとウェブドラマ『足跡の音』に出演したが、存在感と反応はKARAの全盛期には及ばなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事