韓国でキリスト教に改宗したイラン人…裁判所「迫害の懸念あれば難民」

韓国でキリスト教に改宗したイラン人…裁判所「迫害の懸念あれば難民」

2018年05月06日12時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  宗教的迫害を避けるために本国を離れたのではなく、本国を離れた後に韓国で改宗することになった場合でも難民と認定すべきという1審判決が下された。

  イラン出身で7年前に韓国に来たAさんは友達に連れられ初めて教会に行った。彼は外国人宣教部に所属し教会に通い続けた。そして5年を超える時間が流れ、彼は洗礼を受けて正式にキリスト教徒になった。彼の出身国のイランは国教がイスラム教で、彼もムスリム(イスラム教徒)の家庭に生まれた。イスラム法によればムスリムでない者がムスリムの改宗に関与すれば死刑にされることもある。彼が韓国でキリスト教に改宗した年、イランでは79人以上のキリスト教改宗者らが拘禁された。彼がキリスト教徒になった以上本国に戻ることはできないと考えた理由だ。

  だが、ソウル出入国管理事務所はAさんの難民認定申請を受け入れなかった。「迫害を受けることになるという十分に根拠のある恐怖がない」という理由だった。Aさんは結局弁護士の助けを受け裁判所の門を叩いた。

  先月25日、ソウル行政裁判所のチャ・ジウォン判事は「彼の改宗が真正なものと認められ、国籍国の迫害の可能性が認められれば難民と認定されなければならない」としてソウル出入国管理事務所はAさんを難民と認定すべきと判決した。Aさんが初めて難民認定申請を出して2年ぶりのことだ。

  Aさんを難民と認定しなかったソウル出入国管理所は裁判過程で、「Aさんの改宗の事実は本国(イラン)に知られていないため迫害の可能性はない」と主張した。だがチャ判事はそうではないと考えた。彼は「Aさんが本国に戻りキリスト教への改宗の事実を隠して生活すれば迫害を避けられるだろう」としながらも、「宗教の自由は基本的に宗教活動の自由を含む。改宗の事実を隠して生活しろというのは宗教の自由を事実上放棄させることと変わらない」と判断した。また「迫害を避けるために秘密裏に宗教活動をしなければならないこと自体も宗教の自由に対する迫害だ」と判決文に書いた。

  Aさんはキリスト教徒として迫害を受ける状況を避けて韓国に来たのではなく、韓国に来てからキリスト教徒になった。チャ判事はこうした部分は難民認定するのに問題にならないと判断した。チャ判事は「自ら改宗して迫害の原因を提供したとしても」、本国に戻れば迫害を受ける十分な根拠ある恐怖が発生したとすれば難民と認定すべきとした。

  宗教を理由に難民認定を受けようとするには、その宗教をどれだけ本当に信じているかも重要な要素だ。Aさんが通う教会の担任牧師は「必要な時と問題がある時だけ教会に出てくる外国人もいるが、Aさんは欠かさず日曜礼拝に参加している」と述べた。チャ判事はこうした陳述も考慮し、「Aさんが難民面接で一部キリスト教の聖書と一致しない回答をしたとしても、Aさんの本国での学歴が高くない点から韓国の教会で言語的問題で困難があったはずだが、それでも誠実に礼拝に参加したとみられる。多くの質問に対し教理に一致する回答をした点を考慮すればAさんの改宗の真正性は認められる」と判断した。

  この1審判決はまだ確定していない。出入国管理事務所の立場では自分たちが下した決定(難民不認定)を裁判所が取り消すよう命じたことに対しては受け入れ難く、控訴する可能性が大きい。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事