韓国外交部、地方自治体への「少女像」公文書釈明 「強要というより知恵を集める必要あるという趣旨」

韓国外交部、地方自治体への「少女像」公文書釈明 「強要というより知恵を集める必要あるという趣旨」

2017年02月24日06時19分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
釜山日本総領事館前に設置された慰安婦平和の少女像。
  韓国外交部は23日、釜山(プサン)地方自治体に少女像に関連する公文書を送ったことについて「少女像の位置が外交公館の保護に関する国際礼譲および慣行の側面で望ましくないとの従来の立場を伝達したもの」と明らかにした。

  趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)外交部報道官は、この日の定例会見で、釜山総領事館前に設置された少女像が、いわゆる「国際礼譲」にそぐわないとすれば、ソウルの日本大使館前に設置された少女像も同じケースに該当するのではないかとの質問に対して「そうだ」と答えた。

  趙報道官はまた、地方自治体が公文書を「圧迫」として受け入れかねないという指摘に対しては「何度も表明してきた立場をより明らかに伝達するために公文書を送ったもの」としながら「強要というよりは知恵を集める必要があるという趣旨」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事