イ・ジュンギ主演「ヒーロー」、日本地上波で高視聴率

イ・ジュンギ主演「ヒーロー」、日本地上波で高視聴率

2010年08月16日13時08分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
イ・ジュンギ
  



  イ・ジュンギ主演のMBCドラマ「ヒーロー」が国内で振るわなかった分、日本で高視聴率を上げている。

  5日、日本TBS地上波を通じて始まった「ヒーロー」は初回放送で4%の視聴率をおさめ、成功的なスタートを切ったのに続き、12日の放送では8%まで上昇した。「冬のソナタ」「宮廷女官チャングムの誓い」など代表的な韓流ドラマの日本放送視聴率が10%台の中盤である点を勘案すれば意味ある成績だ。また「ヒーロー」は国内放送時5%に及ばなかった。日本でより高視聴率を上げる異例な事例となった。

  「ヒーロー」は国内放送で提起された弱点が日本では強みになっている。「ヒーロー」は三流記者が大企業の不正を隠蔽する巨大メディアに対立する内容を扱っている。社会性の濃い重いテーマが視聴者に負担になった。しかし社会性の強いドラマが人気の日本では「ヒーロー」が視聴者に好評を博すことができた。次世代韓流スター、イ・ジュンギが軍入隊前の最後の作品である点も関心を集めたものとみられる。

  

【ホットクリック】

・「羅老」3度目の打ち上げを推進…来年ごろ可能
・ヨーロッパ極右政治家が靖国神社を参拝
・「王室儀軌」返還特使に鳩山前首相
・<野球>李大浩の9試合連続ホームラン…日米も速報
・天安艦遺族が怒り…趙顕五氏の辞退を要求
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事