<環境キャンペーン>「魔法の光」が世界の照明市場を変える

<環境キャンペーン>「魔法の光」が世界の照明市場を変える

2008年06月10日16時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  中国広州国際照明展覧会が開かれているコンベンションセンター内、三雄極光照明社の展示館を訪れた9日午前。

  入口には北京五輪主競技場「鳥巣」の大型夜間照明写真がかかっていた。五輪を輝かせるこの照明施設は、中国最高の照明専門会社である三雄極光照明社の作品だ。 

  赤く、そして白い照明をよく見れば黄色、緑、紫色も入っている。電灯1つがこのような色の変化を催す。同社の李智鵬照明担当社長は「発光ダイオード(LED)が作り出した魔術が、環境五輪を主導する」と言った。鳥巣照明は同じ全力にも一般蛍光灯より2倍も明るく、6種の色の変化が可能だ。消費電力は蛍光灯の5分の1程度。照明製品材質もすべて環境にやさしい素材だ。

  ◇LED専門展示場用意=広州で8~11日に行われる第13回広州国際照明展覧会のテーマは「環境保護とエネルギー節約」だ。この展示会に出展した会社にとって2つの単語は製品競争力として通じる。照明業界でこのテーマを代弁する単語はLEDだ。展示会に参加した世界21カ国1539照明会社のうち90%がLEDと環境保護関連製品を出している。このため照明展示会史上初、LED照明のみ専門で生産する200社のための展示場も別途設置された。広東省最大ネオンサインメーカーの1つのビートネオン(Beat Neon)が展示した今年の新製品20個の前にはすべてLEDという単語が付いている。LEDボールランプ、LEDキャンドルライト…。

  最も多くの研究費を投入した「雨脚チェーンネオンサイン」は点のような電球1つが7色に変化するものだが、消費電力は既存の製品の半分にもならない。そこで展示会初日から100人の全世界照明バイヤーたちから多くの注文を受けた。世界最大のLEDネオンサイン生産企業である多国籍企業ネオネオン(Neo Neon)も50種のLED新製品を出した。特に同社は室外照明だけと思われてきたネオンサインを室内でも使うことができる「LED雪花ネオンサイン」と個人住宅外部装飾製品を発表した。雪花ネオンサインは室内照明を消したとき、野外にいるような雰囲気を演出する。同社の樊邦弘総裁は「一般住宅も環境にやさしいLED照明でデザインと機能を生かすのが主流なので、市場が無限大に大きくなっている」と話す。

  ◇LED義務化拡散=各国政府は先を争って環境にやさしい照明を急いでいる。現在の白熱電球と蛍光灯は電力消費が高く、水銀のような重金属を使って環境汚染を誘発するからだ。オーストラリア政府は2年以内に室内LED照明を義務化すると明らかにした。室外照明もできるだけ早いうちに強制化させたい方針だ。米国は2012年まで室内外LED照明義務化を推進しており、中国は2015年まで街灯の照明をLEDにする方針だ。特に中国は世界最大照明生産国の地位を上げるためにLED照明など環境にやさしいエネルギー節約型照明開発企業に対して開発コストの30%を支援している。これにより中国屈指の野外照明会社の1つ高力特(GGE)は、LED製品価格と品質の競争力を上げるのに力を注ぐなど、LED照明産業は急速に発展している。

  ◇LED照明=電気を光に変える半導体発光素子であるLED(Light Emitting Diode)を活用した照明。白熱灯と蛍光灯がそれぞれ電力の5%、40%のみ光に変えるがLEDは90%まで光に変える。多様な色相の変化により光の速度が既存製品より2倍以上速く、目の疲れも少ない。水銀のような重金属を使わないので環境にやさしい。製品価格が蛍光灯より10倍高いが、寿命(5万~10万時間)が既存電球の10倍だ。

★ 関連記事 <環境キャンペーン>かりゆしで効果狙う日本の閣僚たち、ほか <環境キャンペーン>5時間充電で60キロを快走
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事