安倍首相、韓半島在留日本人・避難民保護対策を検討

安倍首相、韓半島在留日本人・避難民保護対策を検討

2017年04月17日14時18分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本政府が韓半島(朝鮮半島)で有事が起こる場合、日本人の避難だけでなく日本に流入する避難民の保護に対する対応も検討していることが分かった。

  NNNなど日本のメディアによると、安倍晋三首相は17日、衆議院決算行政監視委員会で韓半島有事時の避難民の流入問題にどのように対応するかという自民党・瀬戸隆一議員の質問に「上陸手続き、収容施設の設置および運営、我が国が庇護(ひご)すべきものに当たるか否かのスクリーニングといった一連の対応を想定している」と明らかにした。

  また、安倍首相は韓半島で有事があった場合、日本人の保護、退避が必要な場合を想定して準備を行っていると伝えた。

  安倍首相は「安全保障関連法の施行により、日本人の救出やアメリカ軍の艦艇を守ることが可能になった」として「必要な準備、検討をしている」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事