北のICBM、固体・液体燃料「ツートラック」開発

北のICBM、固体・液体燃料「ツートラック」開発

2017年04月17日14時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が15日の金日成(キムイルソン)主席生誕105周年記念閲兵式で大陸間弾道ミサイル(ICBM)3種類を公開した。韓米情報当局は2種類は新型、1種類は改良型と評価している。

  北朝鮮は閲兵式の最後に新型ICBMを公開した。16輪の移動型ミサイル発射台(TEL)に載せられたミサイルの全長は20-22メートル、直径は1.9-2メートルだった。軍の関係者は「外形はロシア製ICBMのトポル-M(RS-24)系列とみられる」とし、ICBMの最大射程距離は1万1000キロ、1トン前後の核兵器搭載も可能と推定した。キム・ドンヨプ慶南大極東問題研究所教授は「近いうちに実際に発射できるレベルに製作される」と評価した。米ミドルベリー国際関係研究所のシュマロー研究員はウォールストリートジャーナルに「新ICBMはKN-08とKN-14の機能をともに備えているようだ」とし「怪物ミサイル(Franken-missile)」と懸念を表した。

  別の新型ミサイルはトレーラーに搭載された。全長18メートル、最大射程距離7000キロと、軍は計算した。北朝鮮からハワイまでの距離だ。ハワイには米太平洋司令部があり、有事に韓半島に急派される増援戦力が駐屯する

  新型ICBMとトレーラーに載せられたICBMはすべて固体燃料エンジンを使用するとみられる。固体燃料エンジンは液体燃料エンジンに比べて発射の準備に時間がかからない。北朝鮮は昨年、初の固体燃料エンジンミサイル「北極星1型」(KN-11)に続き、今年は「北極星2型」(KN-15)の発射に成功した。軍の関係者は「北のエンジン開発速度が非常に速くなった」とし「固体・液体燃料エンジン、ツートラックで長距離ミサイルを開発中と判断している」と述べた。固体燃料を使用するミサイルが増えたことで、液体燃料使用ミサイルを基準に構築中のキルチェーン(大量破壊兵器先制打撃体制)の効用性をめぐる論争が激しくなるしかない。

  今回の閲兵式には既に公開されたKN-08(最大射程距離1万2000キロ)の改良型も公開された。外形は以前と似ているが、3段ロケットから2段ロケットに改造したと軍はみている。北朝鮮が昨年から開発中の大出力発動機(エンジン)を搭載した可能性もある。

  3種類のミサイルはすべて米国を打撃できるICBMだ。張泳根(チャン・ヨングン)航空大教授(航空宇宙・機械工学)は「北は米本土を射程圏とするICBMの開発に重点を置いている」とし「これらミサイルが高度化して実際に検証される場合、米国としては先制打撃または対話の一つを選択するしかないだろう」と分析した。一方、閲兵式に登場したICBM3種類は今まで一度も実際に発射されたことがないという点から、「弾丸と銃のうち銃だけを見た状況」(ヤン・ウク韓国国防安保フォーラム選任研究委員)という意見もある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事