中国・日本将軍刀に分類の2刀、実は朝鮮刀だった…

中国・日本将軍刀に分類の2刀、実は朝鮮刀だった…

2013年08月19日14時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米ワシントンのスミソニアン収蔵庫にある朝鮮刀[写真=コリアンアートソサエティー]。
  朝鮮刀が米国最大博物館ワシントンスミソニアン国立自然史博物館(NMNH)で日本・中国将軍刀として分類されていることが分かった。

  韓国文化非営利団体コリアンアートソサエティー(KAS、会長ロバート・トーリー)は9日、NMNHの収蔵庫を訪問し、日本・中国武器庫から朝鮮刀と見られる2本を発見した。

  トーリー会長は現場で撮った18枚の写真を中央日報に送ってきた。写真の中の遺物番号をNMNHデータベースに照会した。このうち中国武器庫に保管中の短刀は、1908年2月19日に米陸軍のアハン大尉が寄付した「中国将軍刀」という札が付いている。長刀は日本武器庫内の遺物で、1941年5月23日にメリー・E・マクスウェルが寄贈した「日本将軍刀」となっている。それぞれ長さが26インチ(66センチ)、30.75インチ(78センチ)で保存状態は比較的良い。

  両遺物を調べた専門家のイ・ソクチェ館長(京仁美術館)は「2本とも18世紀朝鮮末期のもの」と評価した。1本は戦場で実際使われた戦闘用、もう1本は高官に下賜された儀式用であることが分かった。2本の刀は2013年と2007年に関連記録が更新されたが、朝鮮刀とは判明しなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事