日本、インドネシアと「中国海洋進出牽制」合同訓練

日本、インドネシアと「中国海洋進出牽制」合同訓練

2018年07月12日14時48分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の巡視船が中国の海洋進出を牽制するためインドネシアの巡視船と2日間の合同訓練を実施したと、NHKが12日報じた。

  報道によると、日本とインドネシアの巡視船は11日、ジャカルタ沖で海上公開訓練を行った。訓練は薬物を密輸しようとした不審船を制圧する状況を想定して進められた。インドネシアの巡視船が不審船を制圧すると、日本の巡視船の乗組員が証拠品の押収や身柄を拘束した容疑者の身元確認のしかたなどについて指導した。

  日本は南シナ海などで海洋進出を強める中国を念頭に、米国とともに提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略」への協力を東南アジア各国に呼びかけている。日本海上保安庁側は「可能なかぎりインドネシア側と共同で訓練を行い、対処能力を高めていきたい」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事