韓国バラエティー番組に激震…芸能人が違法賭博容疑で相次ぎ召喚

韓国バラエティー番組に激震…芸能人が違法賭博容疑で相次ぎ召喚

2013年11月11日13時38分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
トニー・アン、イ・スグン、タク・ジェフン(写真左から)。
  違法賭博容疑関連で芸能人が相次ぎ召喚される中、彼らが出演中の芸能番組にも赤信号が灯った。

  イ・スグン、タク・ジェフン、トニー・アンら芸能界で活躍するタレントが違法賭博容疑で検察の取り調べを受けた事実がわかった。追加で調査を受ける対象のうち相当数が芸能人という事実が明らかになり放送関係者が震えている。彼らの番組降板も問題だが、すでに撮影した収録分をどのように編集するかも問題だ。

  イ・スグンはKBS第2テレビ『ホドン&チャンミンの芸・体・能』『1泊2日』とtvN『百万長者ゲーム・マイターン』に出演中だ。『芸・体・能』と『1泊2日』の場合、それぞれ19日と24日放映分まで収録を終えた状況だ。『マイターン』も25日放映分まで撮影を終えている。トニー・アンはQTV『20世紀美少年』のレギュラーメンバーだ。11月分の撮影をすべて終えた。

  放送関係者は、「イ・スグンの場合は容疑の大部分を認めたためイ・スグン出演分の編集は避けられないようだ。追加調査を受ける芸能人も芸能界で活躍中ということで大きな波紋が予想される。賭博容疑と関連芸能人の召還のため信じて任せられるMCがほとんどいない。プロデューサーの苦労は大きい」と吐露した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事