仕事が急減…韓国南海岸の造船ベルト崩れる

仕事が急減…韓国南海岸の造船ベルト崩れる

2012年10月11日17時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
統営(トンヨン)の信亜sb造船所で10日、船2隻の最終作業が行われている。 今年末に船が完成すれば、造船所は休業状態となる。 これまで船の部品が積まれていた野積場はがらがらに空いている。
  先月20日夜、慶尚南道統営市道南洞。 例年なら“不夜城”となるこの街は閑散としていた。 ほとんどの飲食店が“開店休業”状態だ。 造船所付近のビルは1階を除いてほとんど空いていた。 出入口や窓には「賃貸問い合わせ」という文字が見える。 この地域の観光ホテルのハ・ジェグ支配人(47)は「造船所前の飲食店の経営者の中には、自分の店を閉めて、統営市内でアルバイトをしている人がかなりいる」とし「造船所の盛況で97年には通貨危機も知らなかった統営が、今では深刻な危機を迎えている」と述べた。

  中小造船所が密集している南海岸造船ベルトが崩れている。 10日の金融監督院(金監院)によると、国内中小造船会社23社のうち1社(シンアン重工業)を除いた22社がリストラ中だ。 この中には回生の可能性が見えず、破産が決まったところもある。 全羅南道木浦(モクポ)にある一興造船は企業再建手続きを中断し、近く売却手続きを踏む予定だ。 統営にある三湖造船は今年破産し、21世紀造船はまもなく廃業する。

  こうした状況であるため、業種転換をした造船所もある。 釜山のオリエント造船は新規船舶の受注がなくなった中、船を修理する修理造船所として生き残りを図っている。 造船業界の関係者は「最近、船舶の発注が出てきても、金融業界が前受金払い戻し保証(RG)を発給しないため、受注できない中小造船会社が多く、不満が高まっている」とし「金融業界は中小造船会社を支援するより、整理する方向に決めたようだ」と述べた。

  08年の世界金融危機以降、中小造船会社の危機は加速した。 欧州財政危機まで重なり、船舶の発注が途絶えた。 英国の造船・海運調査機関クラークソンリポートによると、07年の船舶発注量は9329万CGT(標準貨物船換算トン数)だったが、今年1-9月は1430万CGTにすぎない。 中小造船会社が直撃弾を受け、ともに造船ベルトを形成している機資材企業も危機を迎えている。 金海市ノクサン工業団地には機資材100社ほどが密集している。10年前から会社を経営してきたキム社長(50)は「主要取引先がリストラに入り、納品量が減っている。一日一日が厳しい」とため息をついた。

  造船ベルトの崩壊は南海岸一帯に大きな影響を与えている。 造船5社がある統営の場合、1年間に人口が800人も減った。 統営商工会議所のパク・サンジェ副会長は「住民登録を移転していない造船所の職員まで合わせれば、もっと多くの人口が流出している」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事