チェ・ホンマン、サイン拒否して女性に暴言吐かれる

チェ・ホンマン、サイン拒否して女性に暴言吐かれる

2011年08月25日11時03分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
チェ・ホンマン(写真=チェ・ホンマンのミニホームページ)。
  チェ・ホンマンが路上で女に暴言を浴びせられる屈辱に遭った。

  チェ・ホンマンは22日、自身のミニホームページに「午前2時ごろに店で用事を済ませ家に帰る道でまったく知らないカップルが私を見つけ、男性がサインを求めてきた」と話し始めた。

  チェ・ホンマンは、「サインをしたかったが酒を飲んで酔っていたので断った。ところがそばにいた女が『ついてない。おまえ何様だ』と言った。酒を飲み過ぎたようで我慢してそのまま歩いて行った。ところがずっとついてきながら『おまえ何様だ、なんでサインしないのか』など、暴言も20回程度は言われたようだ」と話した。

  続けて「そばにいたボーイフレンドは何も言えずに立っていた。結局我慢したが私も人であるのですごんで言った。その女の目を見ながら『一生不自由になりたいのか』と言うと男は逃げ女はその場に座り込んだ」と説明した。

  チェ・ホンマンは「まじめに生きようとしても社会が協力しませんね。彼らの将来が心配になります。もしもどこかで出会ったら気を付けて。その時は手が上がるでしょう。いまでも暴言が耳に残っています」とした。

  ネットユーザーらは「うまくやりました。わけもなく完全な人に因縁を付けたりして…」「これだから時に有名人という立場がつらいことだろう」「先手を打って書き込みましたね。そうでなければ、そのカップルが書き込んでいたでしょう」などの反応を見せた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事