最近の人気ドラマ、海外ロケに行かない理由(1)

最近の人気ドラマ、海外ロケに行かない理由(1)

2010年04月12日14時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国のパリス・ヒルトンことプ・テヒ(イ・シヨン)と4000億ウォン台の遺産相続人イ・シンミ(イ・ボヨン)が登場するKBS2ドラマ「富豪の誕生」。最高財閥家の話を取り上げても「海外高級リゾート」は一度も登場しない。昨年、財閥家「F4」を登場させた「花より男子」がニューカレドニアやマカオをほっつき歩いたのとは対照的だ。

  一方、国内初、ハワイでロケをしたMBC週末企画「神様と呼ばれた男」は「100億ウォン台の制作コストをなぜ使ったか」と批判を受けている。蓋然性のないストーリー展開と一部俳優の演技力不足が批判の対象だ。視聴率も10%台序盤にとどまっている。

  このごろドラマで海外ロケ撮影が目立つように減った。経済危機によって放送局が緊縮運営に入ったのが直接的な理由だ。海外撮影の実益が明らかではない上、コンピューターグラフィック(CG)で、スケールとリアリティーを間接具現することができるようになったのも「ロケバブル」がなくなった背景だ。

  ◆製作コスト対比効率なし=最近まで放送されていたKBS「推奴」は推奴たちが登場する導入部で広い砂漠の風景を見せた。砂嵐が激しいモンゴルのように見えたが、実は国内の海岸で取ってCG 処理したものだ。クァク・ジョンファンプロデューサーは「海外場所の物色に費用・時間まで考慮したら得より損が多いだろうと思って決めた」と言った。韓国時代劇には我が国の山河がいいという判断も決め手となった。

  昨年MBC「善徳女王」など大多数大型時代劇が海外撮影でスケールを誇示してきたのとは対比される。チョン・ウンヒョンMBCドラマ局長は「中国特有の広大な山や河と豊かなオープンセットから海外撮影が慣例化されていたが、このごろは制作コストなどの問題でだんだん減っている状況」と話した。

  

  

最近の人気ドラマ、海外ロケに行かない理由(2)

【ホットクリック】

・【社説】尋常でない北朝鮮の動き…徹底的に備えるべき
・ 北朝鮮「金剛山の不動産凍結、明日執行」
・ 「ポーランド現代史で最も悲劇的な事件」… 全世界哀悼声明
・ 失敗が機会になった宇宙産業…日本「ドッキング技術は世界最高」
・ 日本総領事館「独島は韓国の領土」広告に撤去を要求/米ロサンゼルス
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事