【社説】長期化の兆し漂う米中貿易戦争…非常対策はあるか=韓国

【社説】長期化の兆し漂う米中貿易戦争…非常対策はあるか=韓国

2018年07月12日14時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  心理戦程度で適度に終わることを期待していた米中貿易戦争が最悪の状況に陥ろうとしている。ドナルド・トランプ政府は2000億ドル(約22兆円)規模の中国製輸入品に10%の関税を追加賦課する手続きに着手した。計6031品目の課税対象製品には、中国の先端製造業育成プロジェクト「中国製造2025」関連品目が多く含まれた。これで米国が追加関税を賦課する中国製品は2500億ドルへと拡大した。中国の対米輸出額の半分の規模だ。

  問題は韓国の思いとは裏腹にこの貿易戦争が長期化する兆しが漂っているということだ。米国内部ですら好戦的な通商政策に対する批判が出ているが、トランプにとってはどこ吹く風だ。むしろ、中国が屈服しなければ、事実上、中国の対米輸出全体に追加関税を課すという見えすいた脅しまでかけている。中国は同水準の報復を警告した。従来の覇権国と新興強大国が世界秩序の主導権をめぐって繰り広げている一擲乾坤の覇権争いの様相を呈し、簡単には終わらなさそうだとの懸念がくすぶる。

  保護貿易主義が世界へと拡大する場合、世界貿易量の4%が減少し、1~2年以内に世界のGDP(国内総生産)の1.4%が減少するとの見通しまで出ている。この場合、貿易で食べている韓国が最も大きな被害を受けるしかない。輸出の40%ほどを中国と米国に依存している状況では言うべきことも出てこない。しかも中国が北朝鮮核問題を米国との貿易戦争のテコとして利用しようとしているとの懸念まである。

  それでも韓国政策当局の姿勢にはこれといった緊張感がない。産業通商資源部長官は「影響は限定的」と述べ、通商交渉本部長は「戦争なのか葛藤水準なのかもう少し見守りたい」と言う。産業通商資源部と企画財政部は今日と明日に対策会議を開くとしているが、実務者水準にとどまっている。最悪のシナリオを想定して汎政府次元の非常対策があるべきではないか。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事