文大統領「日本は人類普遍の良心で歴史の真実・正義と向き合うべき」

文大統領「日本は人類普遍の良心で歴史の真実・正義と向き合うべき」

2018年03月01日11時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文大統領
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領は三一節(抗日独立運動記念日)記念演説で「三一運動というこの巨大な根は決して枯れない」と述べ、99周年を迎える三一運動の歴史的意味を強調した。

  文大統領は1日午前、ソウル西大門(ソデムン)刑務所歴史館で開催された「第99周年三一節記念式典」で演説し、このように主張した。

  文大統領は「我々は今日、三一運動を生きた記憶として浮き彫りにすることで韓半島(朝鮮半島)の平和が国民の力で可能だということを確認している」とし「我々は今後、光復(解放)100年に進む間、韓半島平和共同体、経済共同体を完成しなければいけない」と述べた。続いて「分断がこれ以上、韓国の平和と繁栄に障害になってはいけない」とし「きょう国民にこの目標を共に成し遂げることを提案する」と呼びかけた。

  文大統領は韓半島平和構想の原則、未来志向的な韓日関係などについても明らかにした。文大統領は「独島(ドクト、日本名・竹島)は日本の韓半島侵奪過程で真っ先に強制的に占領された韓国の領土」とし「我々の固有の領土だ」と述べた。続いて「いま日本がその事実を否定するのは、帝国主義侵略に対する反省を拒否するのと変わらない」と話した。

  さらに「慰安婦問題の解決においても加害者である日本政府が『終わった』と話してはいけない。戦時にあった反倫理的な人権犯罪行為は終わったという言葉で覆うことはできない」とし「不幸な歴史であるほどその歴史を記憶し、その歴史から学ぶことだけが真の解決」と主張した。

  文大統領は「日本は人類普遍の良心で歴史の真実と正義に向き合うべきだ」とし「私は日本が苦痛を与えた隣国と本当の和解をし、平和共存と繁栄の道を共に歩いていくことを望む」と述べた。続いて「私は日本に特別な待遇を要求しない」とし「ただ最も近い隣国らしく誠意ある反省と和解の上で共に未来へ進むことを願う」と話した。

  このほか独立運動烈士の魂が生きている西大門刑務所歴史館で記念式典を開催する意味も記念演説に含めた。この日、文大統領は5人の独立有功者の子孫と共に入場した。今回の記念式典は定形化された政府行事の枠から抜け出し、市民が参加して三一運動の歴史的な意味を共有・共感する躍動感ある行事として準備された。このように準備したのは文大統領の特別な注文と意志のためというのが青瓦台(チョンワデ、大統領府)側の説明だ。世宗文化会館ではなく西大門刑務所歴史館という歴史の現場で99周年の記念式典を行うということ自体が文大統領の考えを反映した結果だ。

  独立宣言書の朗読は「独立活動家の子孫と共に」をコンセプトに、朴維徹(パク・ユチョル)光復会長、独立活動家の子孫の学生キム・セリンさん、カン・チュンマンさん、声優カン・ギュリさん、独立活動家の子孫の学生オ・ギヨンさん、安重根(アン・ジュングン)義士の独立闘争を描いたミュージカル『英雄』で安義士役を演じた俳優アン・ジェウクさんの順に進行される。

  ヘグム(奚琴)演奏、舞踊と共に、舞台から北側に向かって「殉国烈士復」と3回呼んだ後、最後に白い布を空に向かって投げる「皐復儀式」を行う招魂パフォーマンスが行われる予定だ。さらに国防部儀仗隊が独立運動当時に使った6種類の太極旗を持って舞台に登場する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事