【コラム】インドは韓国大統領にとって何か(2)

【コラム】インドは韓国大統領にとって何か(2)

2018年07月12日14時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  その場面は盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領のインド訪問(2004年10月)を思い出させる。当時の彼の言葉は強烈だった。「国を代表する人は私だと思っていたが、実質的に大韓民国を印象づけるのは我々の商品であるようだ」。その言葉は財閥に対する盧大統領の友好的な認識変化として映った。

  インドは韓国を「経済」で見て接待する。1950-60年代半ば、インドは韓国を見下げていた。その当時、インドの指導者はジャワハルラール・ネルー首相だった。彼は第3世界の非同盟の主役だった。ネルーにとって韓国は貧しくて弱い国だった。彼は北朝鮮と近かった。ネルーはガンジーの平和を進化させた。彼は融和と善意で中国と向き合った。しかしその外交政策は崩れた。

  62年、インドと中国の国境紛争は戦争に拡大した。インドは戦線で劣勢だった。ネルーは米国の軍事支援を要請した。以前までネルーは米国を「分別のない帝国主義」と非難していた。しかしほかに選択がなかった。国際政治は冷酷だ。善意の生命力は短い。インドは国防力の限界を痛感した。そして核兵器開発に乗り出した。

  70年代、インドの韓国に対する視線は変わった。朴正熙(パク・ジョンヒ)政権当時に富国強兵の基盤ができたからだ。73年12月、韓国はインドと国交(大使級外交)樹立をした。90年代に入って韓国経済はインドの刺激剤だった。モディは就任(2014年5月)後、「韓国はインド経済にインスピレーションを与えた」と述べた。インドはネルーを称える。ガンジーは国家ブランドとして管理する。しかしインドは理想と現実を分離する。安全保障と経済は実利的で緻密だ。それはモディ政権が固めるインド式歴史の均衡感覚だ。

  文在寅-モディ会談でアジアの未来を共に作ろうといった。その言葉の推進力は繁栄と軍事力だ。どちらか一方の経済と安全保障が揺れれば約束はもつれる。それは国際秩序の作動原理だ。文大統領は政治家の最高の徳性に「均衡感覚」を挙げた(『大韓民国が尋ねる』)。均衡は未来を保障する。均衡意識は政府と与党全体に広がらなければいけない。

  パク・ボギュン/コラムニスト/論説委員

【コラム】インドは韓国大統領にとって何か(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事