<ロッテ経営権紛争>日本ロッテホールディングス「従業員持株会は辛東彬支持」

<ロッテ経営権紛争>日本ロッテホールディングス「従業員持株会は辛東彬支持」

2015年10月19日10時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
辛東彬(シン・ドンビン)ロッテグループ会長
  日本ロッテホールディングスが「従業員持株会は〔辛東彬(ロッテシン・ドンビン)ロッテグループ会長など〕現経営陣を支持する」と明らかにした。ロッテホールディングスは18日、「従業員持株会は株主であり別途の独立組織で、会社とは一線を画している。だが、従業員持株会は常に現経営陣を支持している」とした。辛東主(シン・ドンジュ)前副会長(61)が経営権訴訟を提起する中で、中央日報はロッテホールディングスに従業員持株会の意志に変化があったかどうか聞いた。

  ここで日本ロッテの従業員持株会の意志が重要なのは、持株会がロッテ経営権紛争の核心要素に浮上したためだ。韓日ロッテ支配構造の頂点にあるロッテホールディングスの持分27.8%を保有する2大株主としてキャスティング・ボートを行使できるためだ。辛東主前副会長が今月14日にロッテホールディングスの最大株主である光潤社(28.1%)の過半持分を確保したため、従業員持株会が辛東彬会長に対する支持を撤回して辛東主前副会長側につけば状況は逆転しうる局面だ。

  従業員持株会はロッテホールディングスの株式を所有する中間幹部で構成されている。幹部になれば会社株式を購入することができ、毎年約12%の配当を受け、退職時に購入価格で株式を売却する形態だ。ところで、この従業員持株会の代表はロッテホールディングス株主総会で持株会分の議決権を行使することができる。

  ロッテホールディングスは辛東主前副会長が光潤社の代表として就任し、辛東彬会長が光潤社の取締役から解任されたことに対しても「(ロッテホールディングスの)経営には影響がない」と強調した。辛東主前副会長が起こした経営権訴訟に対しても「係留中の裁判を通じて現経営陣の正当性が明らかになるだろう」とした。

  一方、辛東主前副会長が韓国に設立した会社「SDJコーポレーション」の広報常務チョン・ヘウォン氏は「父親の辛格浩(シン・ギョクホ)ロッテグループ総括会長(94)に業務報告をする時、辛前副会長も一緒に受けさせてもらうように要請した」と18日、明らかにした。これに対してロッテグループは「SDJコーポレーションはロッテとは何の関連もない別個の会社」とし「経営情報流出で法的な責任まで問われうる越権行為」とした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事