「隠れたソウルの物語を世界に売れ」(2)

「隠れたソウルの物語を世界に売れ」(2)

2010年03月12日15時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  --ストーリーテルリングにも戦略があるというが。

  「伝統(Tradition)・変化(Change)・配慮(Care)の3つ要素がなければならない。 歴史と伝統の上に創造的・躍動的な変化像が反映され、そこに感性を刺激するだけの要素が加われば、世界の人々の共感を得ることができる。 ソウルには伝統と現代が混合し、1000万人以上が住んでいる。 一人が一つずつ発掘しても1000万以上の物語ができる」

  --ソウルで最も気に入っているところは。

  「昌徳宮(チャンドックン)だ。 宮廷の伝統建築物から韓国社会の根と意識、宗教、伝説を読み取ることができる。宮廷を包む平和な雰囲気がよかった」

  --あなたが考えている情報社会後の社会像はどういうものか。

  「私が主張するドリームソサイエティーだ。 夢と感性、ストーリーテリングが基盤となるコンテンツを中心にした社会だ。 こういう社会では、文化とイメージを創造するストーリーテラーが最も尊敬される指導者に浮上するだろう」

  --夢・感性・ストーリーテリングを重視するあなたの理論は三星(サムスン)・LG・SKなど韓国企業の製品開発戦略と広告にも影響を及ぼしたという。

  「韓国家電製品の性能が良いのは事実だが、競合他社と比較する場合、性能だけでは十分でない。 消費者はデザイン・カラー・個性を望み、さらには自分だけのデザインを求めたりもする。 こうした多様性をソウルの政策にも代入すれば、市民や観光客の欲求を把握しやすくなるだろう」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事