韓国の就活生87%が海外での就職希望…選好国は米国・カナダ・欧州・オーストラリア・日本の順

韓国の就活生87%が海外での就職希望…選好国は米国・カナダ・欧州・オーストラリア・日本の順

2016年03月11日16時56分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の就活生10人に9人が海外での就職を希望していることが調査された。

  就職ポータル「ジョブコリア」はアルバイトポータル「アルバモン」と共同で就活生445人を対象に「海外就労選好度」調査を実施した結果を11日、公表した。

  調査結果によると、回答者のうち87.4%が「機会さえあれば海外で就労をしたい」と回答し、このうち36.5%はことし海外就職に向けて具体的に準備をしていると答えた。

  海外就労を希望する理由に関しては、福祉および勤務環境が整っているという回答が30.6%で最も高く、韓国ではこれ以上就職が見込めないとする回答も22.9%にのぼった。

  海外就労希望先は米国が26.7%で1位を占めた。引き続きカナダ(18.5%)、欧州国家(17.2%)、オーストラリア(15.2%)等も選好度が比較的高かった。次いで日本(9.3%)、中国(6.9%)、東南アジア国家(2.6%)が続いた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事