韓国でMERS患者12人に…香港でも女性1人に症状

韓国でMERS患者12人に…香港でも女性1人に症状

2015年05月30日09時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中東呼吸器症候群(MERS)感染患者が29日の一日に5人発生した。患者発生から9日間で計12人に増えた。また、中国出張に行った10人目の感染者(44)と同じ飛行機に乗った香港女性にMERS感染類似症状が見られ、隔離して検査中だと、香港日刊紙サウスチャイナモーニングポストが報じた。これを受け、韓国はもちろん中国保健当局もMERS防疫に追われている。

  韓国の疾病管理本部はこの日、最初の患者と同じ病棟に入院した患者3人と最初の患者を診療した看護師(46)の感染が確認されたと明らかにした。同じ病棟の患者3人は最初の患者と同じ病棟、同じ階の別の病室に入院していた。56歳の男性、79歳と49歳の女性だ。疾病管理本部は現在、3人の正確な感染経路を把握できずにいる。

  これに先立ち中国広東省へ出張に行った44歳の男性がMERSに感染したことが確認された。10人目の感染者だ。疾病管理本部はこの患者が乗った航空機の搭乗者163人(韓国人85人、外国人78人)の名簿を確保し、密接接触者26人を分類した後、仁川(インチョン)空港検疫所施設に隔離することにした。また、この患者の妻、医療スタッフ、職場の同僚と空港職員の38人も自宅や施設に隔離された。

  MERS初期患者発生当時の隔離対象者は64人だったが、現在は127人に増えている。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事