グラミー賞授賞式の舞台に立ったBTS「必ずまた来る」

グラミー賞授賞式の舞台に立ったBTS「必ずまた来る」

2019年02月12日13時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
防弾少年団
  「ホワイト・グラミー」が変わった。10日(現地時間)、米国LAステイプルズ・センターで行われた第61回グラミー賞授賞式は性別・人種・ジャンルなど多様性が目立った。

  本受賞者から破格の連続だった。5個の部門候補に上がったが授賞式に参加しなかったラッパーのチャイルディッシュ・ガンビーノ(36)が「今年の歌」「今年のレコード」など4冠を果たした。ガンビーノの『This is America』は銃器所有や黒人の人権問題を扱った曲で、ラップ音楽が「今年の歌」になったのは今回が初めてだ。昨年それぞれ7、8部門にノミネートされたケンドリック・ラマーとジェイ・Zが本賞受賞に失敗したのとは明確な違いが見られる。

  2011年のデビュー以来、昨年初めてビルボード・シングル・チャートの頂点に上ったガンビーノはハリウッドでは既に本名のドナルド・グローヴァーで有名だ。2006年にドラマ『30 ROCK』の脚本でデビュー、企画・演出・演技を兼ねた『アトランタ』で2017年ゴールデングローブ作品賞・主演男優賞を同時に受賞した。同ドラマで黒人初のエミー賞監督賞を受けたのに続きグラミー賞でもう一度歴史を作ったことになる。

  女性ミュージシャンの健闘も際立った。ケイシー・マスグレイヴス(31)は『Golden Hour』でカントリー部門を席巻し「今年のアルバム」まで4冠を獲得した。コソボ出身の英国歌手デュア・リパ(24)は激戦とされる「今年の新人賞」を受賞し「皆さんも自分だけの話があれば出身やバックグラウンドに関係なく話せることを願う。すべての人の夢は特別だ」とコメントした。

  同日の授賞式には黒人女性で初めて司会を務めたアリシア・キーズを筆頭に多様な声が上がった。オバマ元米国大統領夫人のミシェル・オバマがサプライズ登場し、「モータウンから今まで続くすべての音楽のおかげで私が言いたいことを表現することができた」とし、「音楽は私たちが痛みを克服したり希望や信頼を持てるように助けてくれる」と話した。一緒に舞台に登場したレディー・ガガは「人々に私の歌や外見が変だと言われたが音楽は私にそんな言葉には耳を傾けるなと言った。おかげでここまで来ることができた」と告白した。

  昨年「LOVE YOURSELF」シリーズで2度ビルボード・アルバム・チャートの頂点に立った防弾少年団は「ベストR&Bアルバム」のプレゼンターとして韓国歌手で初めてのグラミー賞の舞台に上がった。リーダーのRMは「韓国で育ちながらグラミー賞の舞台に立つことを夢見てきた。その夢を叶えさせてくれたファンに感謝する。また戻ってくる」と話し、受賞者のシンガー・ソング・ライターH.E.R.の名前を読み上げた。ハスキーフォックスがデザインしたアルバム『LOVE YOURSELF 転 Tear』でノミネートされた「ベスト・レコーディング・パッケージ賞」の受賞には失敗したが、次は受賞者あるいはパフォーマーとして舞台に立つという決意を見せた。

  ビルボード・ミュージック・アワード、アメリカン・ミュージック・アワードに続き米国の3大授賞式にすべて招かれた防弾少年団は授賞式の前にレッドカーペットで「もうすぐ新しいアルバムが出る予定」とも明らかにした。9日にグラミー・アーティスト・ショーケースにはBLACKPINK(ブラックピンク)が米国デビュー・ステージに立ち関心を集めた。

  モータウン・レコード60周年記念のダイアナ・ロス、スモーキー・ロビンソンなどの公演、ラテン・ポップブームを導いたカミラ・カベロとリッキー・マーティンの合同舞台、カントリー・シンガーで初の「今年の人物」になったドリー・パートンのトリビュート・ステージも披露された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事