18歳の米国少女が建国大の教授に

18歳の米国少女が建国大の教授に

2008年04月23日14時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  米国の18歳の天才少女アーリア・サバさんが22日、建国(コングク)大学の教授として任用された。 工科大学新技術融合科・外国人専任教員という身分だ。

  サバ教授は‘最年少教授’としてギネスブックに登録されることになった。 博士課程を修了したサバ教授は今年初め、建国大学教授職に志願した。

  志願書を検討した建国大学新技術融合科の教授は「テコンドー有段者で、韓国についてある程度の知識があり、外国での新しい経験を希望していたようだ」と伝えた。

  建国大学によると、サバ教授の任用には「米国の教育システムを経験した天才少女」という点が高く評価されたという。 ‘新技術融合’分野の特性上、‘新鮮なアイデア’を持つ人材が必要だったということだ。

  イ・マンジョン教授は「サバ教授はまだ18歳だが、米国で嘱望されている科学者。新鮮なアイデアを持つサバ教授と一緒に研究すればシナジー効果が期待される」と語った。

  建国大学の関係者は「同じ年齢の教授が教えれば学生にも刺激になると思う。 一回の招へいで終わるのではなく、該当分野の研究に力を注げるよう全幅的に支援する」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事