【コラム】今が中国総督の時代なのか=韓国(2)

【コラム】今が中国総督の時代なのか=韓国(2)

2017年12月04日16時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領は今月中旬、中国を国賓訪問し、習近平主席と首脳会談をする。習近平主席は韓国の大統領を歓待するだろう。そして「核心国家利益」と規定したTHAAD問題を有利な方向で釘を打とうとするはずだ。あっという間に韓米関係は奈落に落ちる。どうするべきか。

  中国がいくら脅してもTHAAD報復には限界がある。安保問題でまた経済報復をすることは、習近平主席の自由貿易守護者のイメージを毀損する。韓国の中間財産業と結びついた中国の産業はより大きな被害を受ける。中国が韓国を押し出せば、韓国はやむを得ず米国・日本、そしてインドと東南アジア国家との協力を強化するしかない。天安門事態で中国が孤立した1992年に国交正常化し、経済成長のパートナーになった韓国に対する報復は、「中国は恩を仇で返す国」という最悪の信号となる。韓国が中国に対抗するのに使う論理と根拠はこのように多い。

  19世紀末に衰退していく朝鮮の君主、高宗は素手で清の横暴に対抗した。モンゴルは中国の脅迫にもかかわらずダライ・ラマを招請し、中国は報復できなかった。ベトナムも戦争を辞さないという姿勢で中国の干渉と圧力を退けた。力が弱い国も死を覚悟すれば強大国と対抗できる。文大統領は習近平主席に「中国が可用なあらゆる手段を使って北の非核化を引き出せばTHAAD配備は必要ない状況がくる」と述べなければいけない。我々が堂々たる態度を見せてこそ中国に無視されず、韓米同盟も守ることができる。経済強国、自主独立国の大統領らしく言うべきことは言うことを期待する。

  李夏慶(イ・ハギョン)/主筆

【コラム】今が中国総督の時代なのか=韓国(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事