トランプ大統領「金委員長が非核化に真摯でないと感じれば対話しない」

トランプ大統領「金委員長が非核化に真摯でないと感じれば対話しない」

2018年06月10日09時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米朝首脳会談を3日後に控えトランプ米大統領が「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が(対話に)真摯でないと感じれば対話は継続しない」と話した。

  ロイター通信が9日に伝えたところによると、トランプ大統領はこの日カナダで開かれた主要7カ国(G7)首脳会議に参加した席で、「金正恩委員長が核兵器放棄に真摯なのかそうでないのかは1分以内に知ることができる」としてこのように明らかにした。

  続けてトランプ大統領は「金委員長が彼の国民のために肯定的なあることをするものと真に信じている」とし、近づく米朝首脳会談を「平和のミッション」と紹介した。

  また、トランプ大統領は「われわれは非核化をしなければならない」とし、これまでの北朝鮮の歩みに対しても感謝の気持ちを明らかにしたとロイター通信は伝えた。

  その上で「金正恩委員長は北朝鮮を偉大にできる。しかしそれは『ただ一度の機会』だ」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事