成人病のような借金…年取るほど増えて完治は遠い=韓国(2)

成人病のような借金…年取るほど増えて完治は遠い=韓国(2)

2014年12月17日10時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国開発研究院(KDI)のキム・ジソプ研究委員は「引退前に融資の構造調整が正しく行われていない状況で高齢化と住居価格の不安を考慮すれば、文字どおり時限爆弾だ」としながら「もし家計負債が増えるスピードが抑えられなければ60%の総負債償還比率(DTI)を低くする案も来年頃に検討してみなければならない」と警告した。

  今後、借金から抜け出せるという期待感も大きくない。借金が生計にとって負担になると感じる家庭は2010年の71.8%から2012年は68.1%に少し減って今年は71.8%に再び増えた。今後、借金を返せると考える家庭も最近5年間で60~65%水準にとどまっている。この期間中、金利が下がり続けた点を勘案すれば、生計に負担になるがどうにかして借金を返すという意志がむしろ落ちたと思われる。社会生活が始まる30代未満の青年たちの金融負債の増加スピードもはやい。2010年の856万ウォンから今年は1366万ウォンへと60%近く増えた。すでに就職難や住居不安定に苦しめられて借金によって社会生活を始めた青年たちの未来は、父母世代よりさらに暗い。

  対策準備を急がなければならないという声は大きくなっている。KDIのキム・ヨンイル研究委員は「家計負債が消費と成長潜在力を弱体化させる臨界値に至った」と診断した。国会立法調査処も住宅担保貸し出し比率(LTV)とDTI規制を再び強化しなければならないという内容の報告書を出した。金融当局も11日、農・水・信協、セマウル金庫など相互金融を中心に第2金融圏の家計融資管理に乗り出すことにした。現代経済研究院のイ・ジュニョプ研究委員は「借金は糖尿と高血圧を一緒に管理することであり、治癒できる問題ではない」として「政府が家計負債の増加スピードを所得増加スピード以下に管理して、償還能力を高めていく対策を出さなければならない」と主張した。

成人病のような借金…年取るほど増えて完治は遠い=韓国(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事