アップル幹部を起訴、韓国企業などから巨額受ける

アップル幹部を起訴、韓国企業などから巨額受ける

2010年08月16日10時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   米アップル社の中間幹部が韓国などアジアの部品供給会社6社から巨額の支援金を受けた容疑で起訴されたと、サンノゼマーキュリーニュースが14日(現地時間)報じた。

  13日、詐欺・マネーロンダリング(資金洗浄)・金品授受などの容疑で逮捕されたポール・シン・ドゥバイン容疑者(37)は05年からアップルのグローバル供給担当として勤務してきた。iPhoneとiPodに使われる部品・アクセサリー供給会社を選定・管理するのが主な業務だった。

  ドゥバイン容疑者は自分の職責を利用して得た内部機密をアジア部品供給会社に提供し、その見返りに数年間に100万ドル以上の金品を受けた疑い。部品会社はドゥバイン容疑者から受けた情報をアップルとの契約を有利に導くのに利用したという。

  ドゥバイン容疑者の訴状には金品を提供した会社の名前は明示されなかった。「中国・韓国・台湾・シンガポールを含むアジア国家の企業」とのみ記載された。しかし米ウォールストリートジャーナル(WSJ)は14日、「韓国のクレシン(cresyn)が関連会社に含まれている」と報じた。

  クレシンは携帯電話およびポータブルオーディオ用イヤホン・ヘッドホン専門生産会社。アップルのiPhone・iPod用製品も供給している。

【ホットクリック】

・「羅老」3度目の打ち上げを推進…来年ごろ可能
・ヨーロッパ極右政治家が靖国神社を参拝
・「王室儀軌」返還特使に鳩山前首相
・<野球>李大浩の9試合連続ホームラン…日米も速報
・天安艦遺族が怒り…趙顕五氏の辞退を要求
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事