<女子卓球世界選手権>南北合同チーム、日本越えられず銅メダル

<女子卓球世界選手権>南北合同チーム、日本越えられず銅メダル

2018年05月05日08時57分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  27年ぶりに構成された女子卓球の南北合同チームが、2018団体戦世界選手権で日本を越えることができず3位となった。合同チームは4日、スウェーデン・ハルムスタードで開かれた準決勝で日本に0-3で完敗した。合同チーム結成の翌日に日本を相手にした合同チームの選手は、それぞれ国旗が入ったユニホームを着て競技に臨んだ。

  韓国側の田志希(チョン・ジヒ、26、世界35位)と梁夏銀(ヤン・ハウン、24、75位)、北側のキム・ソンイ(24、49位)が出場した合同チームは、世界ランキングで大きく先を行く石川佳純(25、3位)、平野美宇(18、6位)、伊藤美誠(18、7位)で構成された日本の壁を越えることができなかった。

  3・4位戦は別途行われないため、合同チーム選手9人は全員銅メダルを首にかける。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事