「ロシア、北朝鮮に小麦5万トンの人道的支援検討中」

「ロシア、北朝鮮に小麦5万トンの人道的支援検討中」

2019年02月12日11時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ロシア当局が昨年の自然災害被害克服のため5万トンの小麦を無償支援してほしいという北朝鮮の要請を検討中だと11日にロシアメディアが報道した。

  ロシアのインタファクス通信などによると、ロシア上院のコンスタンチン・コサチェフ国際問題委員長はこの日金衡俊(キム・ヒョンジュン)駐ロシア北朝鮮大使と会い、「現在ロシア政府が北朝鮮側の要請を検討している」と明らかにした。

  昨年12月に国連が刊行した報告書を見ると、北朝鮮は昨年猛暑と洪水で穀物の作況に深刻な被害を受けており食糧事情が大きく悪化した。

  平年水準以下の作況で北朝鮮は64万1000トンの穀物を必要としていると国連の報告書は伝えた。

  ロシアは国連機関などを通じ北朝鮮に対する食糧支援を続けている。昨年と今年すでに世界食糧計画(WFP)の北朝鮮支援プログラムを通じ800万ドルを支援したという。

  北朝鮮に対する国際社会の人道主義的支援規模は2004年の4億ドルから昨年は11月基準で2620万ドル水準まで減った。

  これは北朝鮮の相次ぐ核・ミサイル実験にともなう国際社会の経済制裁のためとみられる。

  一方、この日の面談では人道的支援以外にロシアと北朝鮮の軍事・政治分野などの協力案も協議されたという。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事