清渓川は大腸菌だらけ…水遊び注意報

清渓川は大腸菌だらけ…水遊び注意報

2010年08月16日09時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   ソウル都心の避暑名所として脚光を浴びている清渓川(チョンゲチョン)は見た感じとは違い、かなり汚染していることが明らかになった。ソウル市が06年2月から清渓川の上流と下流の3カ所で毎月水質を測定した結果だ。

  この調査によると、大腸菌群の場合、水遊びができる水質の2級基準(100ミリリットル当たり1000個以下)を超過することが多かった。問題は、大腸菌群が汚染程度を表す指標細菌であり、それ自体の危険性よりも他の病原性細菌やウイルスが含まれている可能性が高いという点だ。このため水遊びをすることで病気に露出する危険がある。

  今回の調査結果は、漢江(ハンガン)の水を浄化して流すから清潔だという市民の通念とは異なる。このように清渓川の細菌汚染が激しいのは、大雨が降れば汚染された下水が下水管を越えて河川に流れる構造になっており、下流で石・岩に細菌がついて次第に育っているためと分析される。

  ソウル市河川管理課のイ・ギョンジュ氏は「一日に12万立方メートルの漢江水を引いてきて、紫外線殺菌・消毒をした後、清渓川に放流している」とし「細菌がたくさん検出される時もあるが、清渓川には他の生物も生息しているため、塩素消毒をするのは難しい」と述べた。

  環境保健市民センターのチェ・イェヨン所長は「角膜炎、皮膚炎症など病原性微生物による病気感染が懸念される」とし「子どもたちが河川水に口をつけるなどの行動をしないように注意が必要だ」と話した。また「安全衛生のために病原性微生物に対するモニターを強化する必要がある」と語った。

【ホットクリック】

・「羅老」3度目の打ち上げを推進…来年ごろ可能
・ヨーロッパ極右政治家が靖国神社を参拝
・「王室儀軌」返還特使に鳩山前首相
・<野球>李大浩の9試合連続ホームラン…日米も速報
・天安艦遺族が怒り…趙顕五氏の辞退を要求
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事