慶尚南道、磯焼け起こすウニの退治へ

慶尚南道、磯焼け起こすウニの退治へ

2009年12月18日09時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本に輸出されるなど、高級水産物として扱われてきたウニ。00年代に入って日本への輸出が中断し、今では海の厄介者になっている。海草類を大量に食べ、海洋生態系を破壊するからだ。

  慶尚南道(キョンサンナムド)は海洋生態系と魚資源保護のため、磯焼け現象を起こすウニの大々的な退治に乗り出すと17日、明らかにした。このため来年6000万ウォン(約470万円)を投じ、統営(トンヨン)・巨済(コジェ)・南海(ナムヘ)の3海域で60トンを駆除することにした。慶尚南道は漁民から捕獲したウニを一定金額で買い取り、食用になるものは活用し、残りは廃棄処分する。

  ウニは90年代末まで主に日本に輸出され、漁民の所得源となっていた。捕獲時期を控えて違法採取を防いだりもしていた。しかし00年代に入ると価格の安い中国産に押されて日本輸出が中断したほか、国内の需要が少ないため捕獲を打ち切り、最近、個体数が急激に増えていた。

  ウニはワカメ・ホンダワラ・テングサ・アオサなどの海草類を大量に食べる。棘皮動物のウニは韓国に約30種ほど生息しており、南方系のバフンウニ・アカウニ・ムラサキウニ、北方系のバフンウニが食用に使われる。

  磯焼けとは、沿岸の岩盤から海草類が消え、白い石灰藻類で覆われる現象。炭酸カルシウムが主成分の石灰藻類は、水産生物の餌として価値がなく、結局、漁場が荒れてしまう。慶尚南道のオク・グァンス海洋水産課長は「大々的なウニ退治作業は国内で初めて」と話した。

  一方、慶尚南道は海洋生態系の復元のため来年、ウニ駆除・稚魚放流事業など14事業に126億ウォン(約10億円)を投じる。

【ホットクリック】

・ 金正日総書記、放置していた羅先特区訪問の理由
・ 大リーグのアジア人投手3人、厳しい寒さの冬に
・ 韓国美術史を日本の視覚で学ぶ学生たち
・ 歌手ユンナ、時事番組で日本での成功談語る
・ 【社説】 中国副主席に国会醜態を見せたかったか
・ 日本への輸出が中断し、海の厄介者になったウニを退治へ
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事