連鎖性犯罪、わかった犯行だけで110回

連鎖性犯罪、わかった犯行だけで110回

2006年01月26日16時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  連鎖性犯罪事件の容疑者李(イ、45)某氏は10年間で計110回以上の犯行に及んでいたことが明らかになった。

  事件を捜査中の大田(テジョン)東部警察では26日、李某氏に対する総合捜査結果を発表し「1998年から全国で発生した77件の性暴行事件とDNAが一致して1996年から発生した30件の事件も李氏が有力な容疑者として明らかになった」と発表した。

  警察によると李氏は1998年タクシー運転をしていた当時、酒に酔った女性客に暴言を吐かれ頭に来て、家に入る乗客について行き暴行したのを始まりとして大田や清州(チョンジュ)、大邱(テグ)、京畿(キョンギ)など全国を回り、犯行に及んだ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事