韓国投資公社、LAドジャースへの投資計画撤回

韓国投資公社、LAドジャースへの投資計画撤回

2015年06月22日13時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  政府系ファンドを運用する韓国投資公社(KIC)が米大リーグのLAドジャースに対する投資計画を撤回した。KICは4月にドジャースの株式19%を4000億ウォンで取得する計画を明らかにした後、ドジャースの大株主であるグッゲンハイムパートナーズと交渉を行った。KICはドジャースから最小収益率の保証を受けられるとしていたが、投資業界は損失の可能性が大きいと指摘しており、結局投資契約には至らなかった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事