失敗が機会になった宇宙産業…日本「ドッキング技術は世界最高」(1)

失敗が機会になった宇宙産業…日本「ドッキング技術は世界最高」(1)

2010年04月12日10時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   日本鹿児島県から船で1時間半の距離にある種子島宇宙センター。外国の人工衛星では初めて韓国の多目的衛星「アリラン3号」が来年打ち上げられる場所だ。記者が訪問した8日、宇宙センターには、来月18日に金星に打ち上げる探査機「あかつき」(PLANET-C)の設置のため、日本各地から宇宙専門家が集まっていた。「あかつき」を載せるロケットは名古屋の三菱重工業が製造したもので、船で種子島西側の島間港に到着した後、宇宙センターに移される。

  日本が初めてロケット開発に関心を向けたのは軍事的防御戦略のためだ。北朝鮮のロケット発射などを探知できる偵察衛星の打ち上げが至急だった。現在保有する宇宙ロケット技術だけでも、日本は1万キロ以上を飛行する大陸間弾道ミサイル(ICBM)を製造できる能力を十分に備えている。同時に欧州と米国・ロシアが掌握するロケット市場に参入するという計算だ。

  特に韓国などアジア国家と新興国家の衛星打ち上げにも注目している。これまで種子島宇宙センターから打ち上げられた人工衛星は計47機。このうち3度は失敗した。ロケット試験打ち上げでは4回連続で失敗したこともある。最近では03年11月、北朝鮮に対する情報収集衛星を搭載したH2Aロケットの打ち上げに失敗した。

  しかし日本政府は年間1800億円の予算を投じて宇宙産業開発に拍車を加えている。その結果、95年にロケット国産化に成功したのに続き、これまで8人の宇宙飛行士を宇宙に送っている。昨年、大型貨物船を宇宙に打ち上げるのに成功し、技術的には有人宇宙船も可能な状態だ。日本は10年以内に有人宇宙船を打ち上げることを目標にしている。

  ドッキング技術は世界最高レベルだ。米国やロシアに比べて宇宙開発が20-30年遅れながらも、世界最高の宇宙技術を確保したのは、何よりも失敗の原因を徹底的に究明し、これを発展の契機にしてきたからだ。

失敗が機会になった宇宙産業…日本「ドッキング技術は世界最高」(2)

【ホットクリック】

・【社説】尋常でない北朝鮮の動き…徹底的に備えるべき
・ 北朝鮮「金剛山の不動産凍結、明日執行」
・ 「ポーランド現代史で最も悲劇的な事件」… 全世界哀悼声明
・ 韓国含み20カ国「奪われた遺物の返還求め協力を」
・ ウナギ完全養殖に成功/日本
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事